中区・西区版 掲載号:2018年2月15日号
  • googleplus
  • LINE

浅間台小学校で育つ夏みかんを使い、児童とのマーマレード作りを20年続ける 小松崎 啓子さん 西区浅間町在住 67歳

浅間台小の熱烈応援団

 ○…浅間台小学校の通用口に植えられている夏みかん。冬の時期にはまだ酸味が残るそれを校長先生からもらい、マーマレードにして学校にお返ししたのは20年前。校長のほか、同校の活動を支援する「大地の会」、そして当時の地区社協会長の3人からそれぞれ「子どもたちに教えてください」と頼まれ始めたのが、6年生へのマーマレード作り教室だった。今では学年こそ5年生に変わったものの、今年も約100個の夏みかんを用意。そのうち半分近くは学校で収穫した実を使用し、来週21日に実施する。

 ○…教室ではまず、熟す前の夏みかんを児童に食べてもらう。そこから子どもたちで皮を切って火にかけ、砂糖と果肉を入れて煮詰める。「いつもその場でビスケットに付けて試食するんです。苦かった夏みかんが爽やかな味に変わり『すごくおいしい』と言ってもらえます」。作ったマーマレードはそれぞれ自宅用にプレゼント。「自分が作った」という嬉しさからか、一人で全部食べてしまう児童も多いという。児童以外には登下校の見守り隊など、学校に関わる地域の人たちにもおすそ分けされる。

 ○…生まれも育ちも浅間町。結婚を機に川崎へ引っ越したが、両親が鎌倉に移ったこともあり、子どもができたことを機に夫と共に浅間町の実家に戻ってきた。浅間台小は7期卒業生。「昔は第4校舎まであって、校庭からは富士山がよく見えましたね」と振り返る。我が子も母校に通うようになり、自身はPTA役員に。学校活動への支援の縁はそこから。創立50周年時には校内の作った田んぼの”開墾”を手伝い、年始恒例の餅つき大会では現場の責任者役を務める。歴代の校長からは「学校の応援団」と慕われる。

 ○…自家製マーマレードの他にも、お菓子作りが趣味。中でも得意なのはスライスアーモンドをまぶしたクッキー。地区社協の活動にも取り組む、下町の母だ。

中区・西区版の人物風土記最新6件

細貝 貞夫さん

5月に日本人初のYC&ACの理事長に就任した

細貝 貞夫さん

6月21日号

賀谷 恭子さん

中区で読み聞かせなどの活動を長年続けている

賀谷 恭子さん

6月14日号

三浦 はつみさん

横浜みなとみらいホールで開館以来の「ホールオルガニスト」を務める

三浦 はつみさん

6月7日号

山谷 朋彦さん

5月に横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月7日号

小西 祐子さん

第53回神奈川県看護賞を受賞した

小西 祐子さん

5月24日号

太田 孝さん

4月から中消防署長に就任した

太田 孝さん

5月17日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

22基の神輿がイセザキに

22基の神輿がイセザキに

6月24日「みこしコラボ」

6月24日~6月24日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク