中区・西区版 掲載号:2018年2月22日号
  • LINE
  • hatena

サッカー熱でジャック 開港記念会館で映画祭

スポーツ

上映前にあいさつする『ジョホールバル1997』の植田朝日監督(左)
上映前にあいさつする『ジョホールバル1997』の植田朝日監督(左)
 世界のサッカー映画を集めた「ヨコハマ・フットボール映画祭」(福島成人実行委員長)が2月11日・12日、中区の開港記念会館で開かれた。みなとみらいの映画館で毎年行っていたが、映画館の閉館に伴い今回初めて同館で開催。2日間で8作品が上映された。

 最後に上映された『ジョホールバル1997』は、日本代表がW杯初出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」の中心にいた岡田武史監督ら6人へのインタビューで構成されるドキュメンタリー。監督を務めたのは、日本代表の名物サポーターでもある植田朝日さん。「日本中が沸いた20年前を記録し、若い世代の人にも伝えていこうと映画にした」と制作理由を語った。

 会場ではサッカー関連のグッズ販売や作品展示などを行う「フットボール文化祭」も同時開催された。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク