中区・西区版 掲載号:2018年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

今年で開館40年を迎える「大佛次郎記念館」館長を務める 福山 葉子さん 中区山手町在勤

来館者の笑顔が背中押す

 ○…横浜を代表する作家の一人、大佛次郎。昨年は生誕120周年、そして今年は大佛の業績と生涯を紹介する記念館が開館40年の節目を迎える。「大佛次郎は才能あふれるスーパーマンだと思っています」と、その存在を一人でも多くの人に知ってもらおうと、このほど記念展示や入館無料デーなどを企画した。

 ○…大佛は1897(明治30)年に、横浜市英町(現中区)でうまれた。『霧笛』や『帰郷』など横浜を舞台にした作品が多く、横浜をこよなく愛した文豪の一人だ。その足跡にふさわしく記念館は港の見える丘公園に建てられた。出世作である時代小説『鞍馬天狗』をはじめノンフィクション『パリ燃ゆ』、現代小説に随筆、戯曲など、手がけたジャンルは多岐に渡る。「40年の間、様々な展示をしてこられたのも大佛の引き出しの多さがあってこそ」

 ○…大佛が居を構えた鎌倉の出身。3歳で横浜へ。早稲田大学政経学部を卒業し大手生命保険会社に就職した。経済レポートの執筆や運用担当など数字と向き合う毎日であったが、とてもやりがいがあったと振り返る。出産を機に職場を離れていた折、市芸術文化振興財団の求人が目にとまった。悩みに悩んだというが転職を決意。これまで、みなとみらいホールや市の芸術イベントなどに関わってきた。同記念館には2年前に着任。館長として「働くみんながやりがいを持てる環境づくりを大切にしています」と笑顔で語った。

 ○…大学生のころから海外旅行に夢中。「バックパッカーでした。社会人になっても長期休暇に中国の敦煌に足を運んだり」と行動力は人一倍。結婚後も子どもを連れて出かけていたが、大学生にもなると「さすがにね」と苦笑した。「来館者がにこにこして帰る姿を見るのが本当にうれしい」とこれがいまの仕事の醍醐味。「4月、5月は庭園の花も見ごろです。ぜひともご来館ください」と手を合わせて声を弾ませた。

9/28家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

中区・西区版の人物風土記最新6件

中田 眞智子さん

58人目の横浜マイスターに選定された美容師

中田 眞智子さん

9月20日号

笹原 延介さん

第1回「本牧ハワイアンフェスタ」の実行委員長を務める

笹原 延介さん

9月13日号

加藤 治さん

第29回県マーチングコンテストで最優秀賞に輝いた港中学校吹奏楽部顧問

加藤 治さん

9月6日号

山分 喬喜さん(本名:富永 丈喜)

8月31日に宮谷小学校で開催される「大相撲宮谷場所」で指導する

山分 喬喜さん(本名:富永 丈喜)

8月30日号

市川 徹さん

藤棚商店街にコミュニティスペース「PureStage」をオープンした

市川 徹さん

8月23日号

高田 初夫さん

今年度から西区青少年指導員協議会の会長を務める

高田 初夫さん

8月16日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク