中区・西区版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

セブン-イレブン 在庫商品を地域福祉に 市および社協と協定

経済

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena

 (株)セブン―イレブン・ジャパンは4月19日、社会福祉貢献活動の一環として、店舗閉店や改装に伴う在庫商品を市社会福祉協議会(市社協)に寄贈する取組について横浜市および市社会福祉協議会と協定を締結した。

 市社協は、寄贈された商品を各区の社協を通じて高齢者や障害者、子ども、生活困窮者などを支援する団体・施設に配分する。協定に先立ち、4月13日に第一弾となる寄贈が実施された。

 寄贈品は菓子などの加工食品や洗剤、シャンプー・リンスなどの生活雑貨など。酒やたばこなどの免許品やおにぎりなどの日配布品、アイスクリームなどの温度管理が必要な商品は対象外。

 セブン―イレブンは、2012年に横浜市と地域活性化包括連携協定を締結しており、昨年には市が進めるレンタルサイクル事業「ベイバイク」の駐輪場を設置や、小型家電の回収ボックスを設置するなど、同協定を基に協力している。

中区・西区版のローカルニュース最新6

自家製バンズで作る干し野菜入りハンバーガー

「海を見ながら...」

柳原良平アートミュージアム

「海を見ながら...」 文化

特集展示、12月22日まで

10月17日号

デジタルで創り出す体験型水族館

本牧ふ頭へ新バス便

本牧ふ頭へ新バス便 経済

港湾勤務者の利便向上図る

10月17日号

日本・台湾での滞在制作語る

象の鼻テラス

日本・台湾での滞在制作語る 文化

アーティスト交流事業で

10月17日号

第三地区コンサートに700人

専門医に聞く「おしりの話」

あっとほーむデスク

  • 9月26日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク