中区・西区版 掲載号:2018年5月17日号
  • LINE
  • はてぶ

歴史パン、官民で開発 5月1日から販売開始

経済

 山崎製パン(株)横浜第二工場と(株)伊藤園、横浜市が共同開発した「抹茶めろんぱん 抹茶ホイップ&つぶあん」=写真=が5月1日から6月末まで、神奈川県内のデイリーヤマザキや横浜市内のイトーヨーカドーのほか、関東各地で販売される。

 同商品は、横浜開港時に主要輸出品であった「お茶」の文化を、横浜から日本全国へ広がった「パン」を通じて親しんでもらおうと3者連携で開発した。

 メロンパンの生地とホイップクリームに伊藤園の抹茶が使われており、パッケージには、横浜開港資料館が所蔵する錦絵『皇国製茶図会 製茶見本検査の図』を使用。同館が横浜開港時の歴史的背景の監修を行った。
 

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク