中区・西区版 掲載号:2018年5月24日号 エリアトップへ

市政報告 市内の待機児童数が増加 自民党市会議員 松本 研

掲載号:2018年5月24日号

  • LINE
  • hatena

 平成30年4月1日現在の横浜市内保育所等利用待機児童数は、昨年より61名増加して、63名となりました。要因としては、女性の社会進出に伴う利用申請者の増加や、厚生労働省による待機児童数調査要領の改正に伴い、育児休業中の方について、新たに復職の意思確認を行い、その意思が確認できる場合には、待機児童数に含めるとの定義変更が行われたことなどが挙げられています。

申請者は過去最多

 横浜市では、待機児童解消に向け、平成29年度は認可保育所の整備・改修による2207名の定員増をはじめ、認定こども園、小規模保育事業や私立幼稚園等預かり保育の拡充等により、合計3050名分の受入枠を拡大。しかし申請者数が過去最多の6万7703名となり、希望通りの保育所等を利用できた方は、前年比2738名増の6万4623名に。希望通りにならなかった3080名については、788名が横浜保育室や預かり保育等を利用されましたが、育児休業中で復職の意思が確認できない(458名)、求職活動休止(260名)、利用可能な他の保育施設があるにも関わらず特定の保育所のみを希望(1511名)の方を除いた63名が待機児童となりました。

 保留児童受入のため、認可保育所・幼保連携型認定こども園794園のうち、356園では定員外入所を実施する一方、319園では定員割れなど、施設間でのアンバランスが生じています。

家庭での子育て施策も

 平成29年度は、保育所等の新設や預かり保育の拡充、保育所などの空きスペースを活用した年度限定保育、保育・教育コンシェルジュによる相談支援の充実、保育士宿舎借上げ支援や保育士就労支援などによる保育士等の確保などに取り組んできました。しかし、大規模な宅地開発などにより保育ニーズが高まっている地域では、整備が追いつかず保留児童数が増加しています。そこで、平成30年度は、整備が必要な地域を指定して、重点的に認可保育所や小規模保育事業を整備し、市全体で2795名の受入枠を拡大するとともに、定員割れの保育所など既存資源の活用、保育・教育コンシェルジュによる様々な保育サービスの案内の充実、保育士確保の取組支援、研修の実施によるスキルアップ支援や保育施設への監査・運営指導の強化による保育の質の維持・向上などに取り組むこととしています。

 共働き世帯の増加や女性の社会進出等に伴い、子育て支援の充実は重要であり、保育所等の施設整備に取り組むとともに、様々な子育て支援ニーズに応えるために家庭での子育ての充実に向けた新たな施策も検討すべきと思います。

松本研

横浜市中区宮川町2-44

TEL:045-261-2251

http://matsuken.hama1.jp/

中区・西区版の意見広告・議会報告最新6

IRの議論を無駄にせず新たな横浜の魅力を

市政報告

IRの議論を無駄にせず新たな横浜の魅力を

自民党市会議員 松本 研

1月6日号

市民に寄り添う政治を今年も

市政報告

市民に寄り添う政治を今年も

1月1日号

地元のお声を国政に届けます!

危機の時こそ、人に寄り添う政治の出番

地元のお声を国政に届けます!

衆議院議員 3期・8年目 しのはら豪(46歳)

1月1日号

市民の生きがいや幸せに全力で

新型コロナ対策に全力改革を前に進める

新春寄稿

新型コロナ対策に全力改革を前に進める

衆議院議員 菅 義偉

1月1日号

地方議会の声、国に届ける

市政報告

地方議会の声、国に届ける

全国市議会議長会会長 しみず富雄

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook