中区・西区版 掲載号:2018年6月7日号 エリアトップへ

これからも「ホールのある街」 みなとみらいで開館20周年

文化

掲載号:2018年6月7日号

  • LINE
  • hatena
ホールを象徴するパイルオルガン「ルーシー」とホールオルガニストの三浦さん
ホールを象徴するパイルオルガン「ルーシー」とホールオルガニストの三浦さん

 国内有数の音楽専用ホール、横浜みなとみらい(MM)ホール=西区=が5月31日で開館20周年を迎えた。国内外の一流奏者からも親しまれ「ホールのある街」として開かれた運営を続けていく。

 1998年5月31日。帆船日本丸で実際に使われていた銅鑼が演奏の始まりを告げ、MMホールの歴史が始まった。

 ホールではこれまで国内外の演奏家がステージに立ってきた。開館記念式典で演奏した神奈川フィルハーモニー管弦楽団をはじめ、今年もロンドン交響楽団やNHK交響楽団が出演する。デーモン閣下と和楽器奏者の共演など、従来の型に囚われない公演も自主事業として開催している。

「ルーシー」も20歳

 ホールの象徴は、2020人収容の大ホールに開館以来設置されている高さ12mのパイプオルガン「ルーシー」。ルーシーの名付け親は、開館以来20年「ホールオルガニスト」を務める三浦はつみさん=人物風土記で紹介。コンサートはもちろん、公演時以外でも常に響き方や音量などのメンテナンスを担っている。次世代のオルガニストを育成する、若手演奏家への「インターンシップ・プログラム」にも携わる。

 9日には開館20周年記念のガラ・コンサートが開かれ、三浦さんをはじめルーシーゆかりのオルガン奏者が共演する。

 このほか、200回を超える「オルガン・1ドルコンサート」はみなとみらいで働く人たちにも親しまれ、施設が掲げる「ホールのある街」のコンセプトを体現してきた。三浦さんは「20年が経ち、みなとみらいに関わる人も増えてきた。ホールがそうしたコミュニティの中心になれば」と今後への思いを語った。

中区・西区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月23日号

横浜駅西口で認知症カフェ

横浜駅西口で認知症カフェ 社会

行政、地域、企業がタッグ

5月23日号

夢見た世界の頂点に

夢見た世界の頂点に スポーツ

本牧拠点のチアチーム

5月16日号

負担軽減にNPO設立

虐待被害児

負担軽減にNPO設立 社会

対応の一元化めざす

5月16日号

令和は「企業、市民が主体に」

令和は「企業、市民が主体に」 経済

みなとみらいの“見届け人”に聞く

5月1日号

初の世界大会へ

本牧拠点のチアチーム

初の世界大会へ スポーツ

小4〜高2の17人で挑戦

5月1日号

初の世界大会へ

本牧拠点のチアチーム

初の世界大会へ スポーツ

小4〜高2の17人で挑戦

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

関内の路上で楽しもう

5月26日

関内の路上で楽しもう

フード&ハイカラフェスタ

5月26日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク