中区・西区版 掲載号:2018年6月14日号
  • LINE
  • はてぶ

県タクシー協会関自無協神奈川 トヨタ7社と協定 減災や女性乗務員支援

6月4日の調印式で、右から横浜トヨペット宮原郁生社長、関自無協神奈川支部藤井嘉一郎支部長、県タクシー協会伊藤宏会長、神奈川トヨタ自動車市川英治社長
6月4日の調印式で、右から横浜トヨペット宮原郁生社長、関自無協神奈川支部藤井嘉一郎支部長、県タクシー協会伊藤宏会長、神奈川トヨタ自動車市川英治社長
 県内のトヨタディーラー7社(神奈川トヨタ自動車、横浜トヨペット、トヨタカローラ横浜、トヨタカローラ神奈川、ネッツトヨタ横浜、ネッツトヨタ神奈川、ネッツトヨタ湘南)が6月4日、神奈川県タクシー協会と関東自動車無線協会神奈川支部と、災害時協力や女性乗務員の支援を目的とした「フレンドシップ協定」を締結した。

 これにより県内に245カ所(5月現在)あるトヨタ新車店舗を、大地震などの災害時にタクシー乗務員と乗客の緊急避難場所として提供。一方、乗務員はタクシー無線を通じて災害情報の提供を行い、店舗や地域の減災につなげていく。

 また同協定には通常時は店舗内の化粧室を女性乗務員に提供することが盛込まれている。現在県内の女性乗務員は全体の3・4%にあたる約660人。安心して使える化粧室の確保は長年の課題だった。県タクシー協会の伊藤宏会長は「女性ドライバーの活躍につながれば」と話している。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

神社の小麦で「サブレ」

パン、菓子の「本牧館」

神社の小麦で「サブレ」

10月18日号

創業60年目に本館新装

タウンBiz経済ニュース

創業60年目に本館新装

10月18日号

食べきれない料理持ち帰りを

食品ロス削減推進

食べきれない料理持ち帰りを

10月18日号

幻のオオハラホール知っていますか?

横浜港の四季折々を楽しむ

横浜港振興協会

横浜港の四季折々を楽しむ

10月18日号

「プリキュア」みなとみらいに

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク