中区・西区版 掲載号:2018年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

本牧の商店街 地域拠点にカフェ開設 情報の交差点めざす

社会

中区本牧町1丁目に開設されたコミュニティカフェ。奥にはラジオ放送設備も完備する
中区本牧町1丁目に開設されたコミュニティカフェ。奥にはラジオ放送設備も完備する
 真っ青な壁面に白文字で「HOMMOKU BASE」―。本牧通り沿いに今年3月、地域の拠点としてコミュニティカフェがオープンした。開設したのは本牧リボンファンストリート商店会(羽生田靖博会長)。

 広さは約98平方メートルで8つのテーブルと30席からなる。軽食や飲み物を有償で提供。また、来年3月の開局を目標に準備を進めている「横浜マリンFM」のスタジオ設備も設置するなど、新しいスタイルのカフェだ。

 「東西南北(NEWS)」がコンセプトで、本牧地域全体をカバーする情報の交差点をめざし、今後、自治会町内会などの地域団体の会合や料理教室、地域交流イベントなどに活用されることを見込んでいる。

 設備はすべてバリアフリー化されており、授乳室や車いすトイレを完備、高齢者や子育て世代が使いやすい環境となっている。副会長の大泉建助さん(68)は「地域住民が集い、交流し、情報交換することに重きを置いた場所です。まずは訪れて欲しい」と話している。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク