中区・西区版 掲載号:2018年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

市と昭和村 こんにゃく芋で友好交流 横浜公園で300球植付け

社会

横浜公園で植付け
横浜公園で植付け
 横浜市は、群馬県昭和村との友好交流の一環として6月20日、横浜公園に昭和村産の「こんにゃく芋」約300球を植え付けた。今年で5回目。

 当日は、雨が降る天候だったが昭和村をはじめ市緑の協会、政策局の職員ら約10人が参加。同公園の噴水付近約50平方メートルの敷地に、肥料をまき耕し畝づくりをしたうえで、球根を植え付けた。

 こんにゃく芋の成長は早く、11月ごろにはチューリップの球根植えとともに、収穫イベントを予定。収穫した芋は食用とせず、あくまでも観賞用となる。昨年11月には、昭和村から寄せられたこんにゃく芋を食す実演会が行われている。

 昭和村には、1972年に開設した市の「少年自然の家・赤城林間学園」があり、45年以上にわたり交流を行ってきた。2005年には「災害時における相互応援に関する協定」を、13年には「友好・交流に関する協定」を結び、交流を深めている。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク