中区・西区版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

豪雨被災地で活動 西区社協の樋口さん

社会

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena
全国から派遣された社協職員と運営を話し合う(本人提供・オレンジのベストが樋口さん)
全国から派遣された社協職員と運営を話し合う(本人提供・オレンジのベストが樋口さん)

 西区社会福祉協議会の樋口宗典事務局次長が8月8日から13日まで、西日本豪雨で大きな被害のあった広島県南部の三原市に災害ボランティアコーディネーターとして派遣された。現地の様子について、樋口さんに話を聞いた。



 樋口さんが派遣されたのは、隣接する尾道市に設置された、三原市東部の支援を行う災害ボランティアセンター福知。ここでコーディネーターとして、全国から訪れたボランティアの活動割り振りなどの業務を担った。

 広島県のまとめによると、三原市では今回の豪雨による土砂災害などで8人が死亡。700軒近くが床下浸水し、全半壊・一部損壊合わせて約950もの家屋が被害を受けた。

 センターがあるのは被災地の中心。豪雨から1カ月経った訪問時も、現地では土砂の撤去や家財の移動、消毒が行われた。熊本地震の際にも被災地で活動している樋口さん。「家屋が今後住み続けられるのかの判断が、地震と比べると難しい。浸水による衛生面の問題などで住むのが困難な場合でも、構造が無事な場合は全壊とは見なされず、今後がまだ決まらない人も多い」と話す。

 三原市の被害状況はハザードマップの予測通りのものだった。樋口さんは「横浜でも自分たちが住む場所がどういう状況なのか知ることで、万が一の備えに対しても対策が変わってくる」と備えの重要性を指摘した。

中区・西区版のローカルニュース最新6

緑化保全に180万円寄付

ウエインズグループ

緑化保全に180万円寄付 社会

黒岩知事から感謝状

11月25日号

立野小が創立110周年

立野小が創立110周年 教育

地域と共に育つ学び舎

11月25日号

中学生スタッフを募集

MMホール

中学生スタッフを募集 教育

来年5月の公演に向け

11月25日号

横浜で「城」の祭典

読者プレゼント

横浜で「城」の祭典 文化

12月18日・19日開催

11月25日号

医療の希望を終活ノートに

医療の希望を終活ノートに 社会

西区で講座

11月25日号

食品・環境衛生の専門家集団

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook