中区・西区版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

本牧小放課後キッズ 思い伝える楽しさ体感 「旅人」講師に40人が参加

教育

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena
言葉を使わずコミュニケーションを取る児童ら
言葉を使わずコミュニケーションを取る児童ら

 世界中を巡ってきた若き旅人が、その体験から旅や異文化との交流の魅力を伝える教育プログラム「タビノバ」。8月22日には、今期の同プログラム本格スタート第一弾として本牧小学校放課後キッズクラブで行われた。講師を務めた加藤功甫さん(30)は「言葉に頼らなくても思いは伝えられることを体感で学んでほしい」と話す。

 この「タビノバ」は、特定非営利活動法人「Connection of the Children(CoC)」=西区東ヶ丘=が実施する教育プログラム。2014年10月からスタートし、神奈川区の幸ケ谷小学校や南区の日枝小学校、西区の東小学校の放課後の居場所事業において実績を積んできた。今回、本牧エリアでは初めての開催。

 自転車でユーラシア大陸横断など世界を旅してきた加藤さん。タビノバでは旅で身に付く6つの力(挑戦・適応・共感・教養・表現・解決)を養うことを目的する。

 今回、本牧小では放課後キッズクラブを利用する1、2年生を中心とした40人が参加。講師はCoCの代表理事の加藤さんをはじめ、同団体メンバーでトルコ人のハサン・カブダルさん(30)、堀口雄貴さん(26)の3人が務めた。

 自転車旅のエピソードやイスタンブールの街並みを紹介し子どもたちの関心を惹きつけたところで「英語を使って遊んでみよう」をテーマに3つのゲームを実施。まずは、言葉を使わずに身振り手振り、表情だけでコミュニケーションをとり、誕生日順に並ぶことに挑戦した。子どもたちは指を使って誕生月や日を示し、目を見開いたり首を縦や横に振るなどして、「伝える」ことに集中していた。

 またチームに分かれ、アルファベット1文字を背中に指でなぞって、迅速で正確な伝言を競うゲームや、寝転んだり走るジェスチャーを当てるクイズも行われた。講師の加藤さんは「英語はあくまでもツール」として、話せなくともコミュニケーションが取れることを「体感を通して伝えていきたい」と話した。

 参加した9歳の女子児童は「話を聞いて外国に興味を持った」と笑顔で話していた。
 

横濱ハイカラきもの館

卒業式袴レンタル→全部コミコミ11,990円!小物や靴、着付けも無料♪

https://www.shinnichiya.com/kimonokan

3月8日~15日シルクフェア

横浜スカーフなどの魅力を体験できるイベント多数。シルクセンターで入場無料。

http://www.yokohamascarf.com/

東京建物不動産販売横浜支店

一般住宅から事業用まで査定無料!すぐに現金化できる「直接買取」も好評です

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

地元産タチウオを給食に

間門小

地元産タチウオを給食に 教育

本牧の漁師が協力

2月25日号

リボン運動で人権啓発

本牧南小

リボン運動で人権啓発 教育

家庭・地域と結び深める

2月25日号

ソニーの教育論文で全国優秀賞

【Web限定記事】立野小学校

ソニーの教育論文で全国優秀賞 教育

主体性ある学びが評価

2月18日号

脱炭素化に向けた国際動画コンペで決戦投票へ

【Web限定記事】中区大和町放課後デイの学生チーム

脱炭素化に向けた国際動画コンペで決戦投票へ 社会

文字使わずイラストのみで啓発に挑戦

2月18日号

同世代の貧困を支援

立野の横国大附属小

同世代の貧困を支援 教育

手作り石けんの売上寄付

2月11日号

人を本に見立て相互理解

山手でウェブ交流会

人を本に見立て相互理解 社会

プロ手品師、思い語る

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月16日15:24更新

  • 2月11日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク