中区・西区版 掲載号:2018年9月6日号
  • googleplus
  • LINE

明治美術の実像読み解く 県立歴史博物館で30日まで

文化

 明治時代の美術の進展に焦点をあてた特別展「真明解明治美術 増殖する新(ニュー)メディア」が横浜市の県立歴史博物館(みなとみらい線「馬車道」駅下車1分)で開かれている。

 開国により増殖するかのように登場した印刷などの新しい技術。特別展では混沌とした明治時代の美術の実像を表す、約500点の作品を並べた。

 注目は”明治美術の精華”と賞される2作品。ひとつは明治前期に活躍した洋画家・五姓田義松の『老母図』。もう一つは横浜から西洋に輸出された、独創的な装飾が特長の眞葛焼『高浮彫牡丹に眠猫覚醒蓋付水指』=写真。いずれも西洋からの技術・思想をいち早く取り込んだ作品だ。

 会期は9月30日(日)まで。一般900円。

読者プレゼント

 同展の招待券を本紙読者20組40人にプレゼント。応募は郵便番号、住所、氏名、年齢、紙面の感想を明記の上、〒231―0033横浜市中区長者町2の5の14タウンニュース「真明解明治美術係」へ。9月12日必着。

9/28家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク