中区・西区版 掲載号:2018年10月18日号
  • LINE
  • hatena

JR桜木町駅前複合ビル 20年度開業に向け着工 子育て支援施設、ホテルも

経済

完成イメージ(JR東日本提供)
完成イメージ(JR東日本提供)

 2020年度に開業予定のJR桜木町駅新改札に隣接する地上12階の複合ビルの工事が10月上旬に着工された。これに先立ちJR東日本は建物の概要を発表。1〜2階がCIAL桜木町別館(仮称)、3〜12階がJR東日本ホテルメッツ桜木町(仮称)として運営される。

 複合ビルは関内寄りの野毛方面に設置される新改札と隣接するもの。地上12階の鉄骨造で、延床面積は約9950平方メートル。

 1〜2階に入る予定のCIAL別館は店舗のほかに、近隣からのニーズをくみ住民や通勤者に向けた保育所を設置する。

 ホテル部分は客室274室。そのうち4分の3以上となる209室はシングルタイプ。ビジネス利用のほか、地域の観光拠点としての滞在を想定している。

 新改札設置についてはすでに5月から工事を開始。複合ビルに関しても10月4日に起工式が行われ、工事がスタートしている。いずれも2020年度の開業を予定しているが、複合ビルに関してJR東日本の担当者は「東京五輪・パラリンピックの開催前の開業を目指していきたい」としている。

新市庁舎からも好アクセス

 2019年に北仲地区に移転する新市庁舎からも近い立地で、新改札近くには市庁舎につながる歩道橋の設置工事も現在進められている。担当者は「新改札を含めて、新しいビルが新市庁舎との人の流れを作ることができれば」と展望を語った。

 道路を挟んで隣接する、ぴおシティの商店会長の平出揚治さんは「新市庁舎と複合ビル、ぴおシティと野毛のしっかりした動線ができるのは喜ばしいこと。宿泊施設がメインとのことなので、鉄道創業の地でもある桜木町や野毛の観光などで地域一帯の回遊性が高まれば」と期待を寄せた。

工事が進む現場=10月10日撮影
工事が進む現場=10月10日撮影

中区・西区版のトップニュース最新6件

「心臓リハビリ」普及に着手

全館使用の初企画展

横浜美術館30周年

全館使用の初企画展

4月18日号

西区、元職 荻原氏がトップ

統一地方選

西区、元職 荻原氏がトップ

4月11日号

スケボーひろばが開設

本牧市民公園

スケボーひろばが開設

4月11日号

中学生目線で防災冊子

家庭連絡にICT活用へ

市立学校

家庭連絡にICT活用へ

4月4日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

73組107人がパフォーマンス

73組107人がパフォーマンス

今週末はヨコハマ大道芸

4月20日~4月21日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク