中区・西区版 掲載号:2018年11月8日号
  • LINE
  • はてぶ

ベイバイク拠点 本牧に4カ所新設 回遊性の向上に期待

社会

本牧神社に設置された「ポート」(左は當麻宮司)
本牧神社に設置された「ポート」(左は當麻宮司)

 みなとみらいや関内など市内中心部で整備が進んでいる横浜市のコミュニティサイクル事業「ベイバイク」。その自転車貸出返却拠点(ポート)がこのほど、本牧地域に4カ所新設された。市は中心部から本牧地域への回遊性向上とともに、観光利用をはじめ地域住民の足としての利活用にも期待を示している。

 「ベイバイク」は登録制の自転車レンタル事業。市が実施主体で、NTTドコモの子会社「ドコモ・バイクシェア」が運営する。2014年4月から本格実施されており、ポートは都心臨海部を中心に本牧地域4カ所を含めて市内73カ所となった。

 登録すれば30分税込162円で電動アシスト付き自転車を利用でき、どのポートでも利用・返却が可能。都心部の活性化や観光振興、環境への負荷軽減などを目的とする。

 今回、新設されたポートは中区小港町の「美濃屋あられ製造本舗」(4台・8月31日設置)、市立みなと赤十字病院近くの「NTT本牧ビル」(5台・10月25日)、本牧町1丁目の「本牧BASE」(4台・10月25日)、「本牧神社」(6台・11月1日)の4カ所。以前から地元住民を中心に本牧地域へのポート整備の要望があり、市としてはこのチャンスを生かしたいと設置を決めた。

 11月1日には本牧神社本殿下の駐車場一角にトレードマークである真っ赤な車体の自転車が6台並んだ。當麻洋一宮司は「気軽に手軽に地域を巡るツールになればうれしい」と期待する。地元の商店街関係者は「回遊性の向上を期待したい」と話す。

地元の協力必須

 ポートが高密度なほど利用率が高まるため、市は今後も設置場所の協力が得られるよう地元関係者に働きかけていきたいとしている。

 中区では関内・元町・中華街・関外・野毛エリア以外では初めのポート設置。西区では8月に区役所前や掃部山公園など区内の既成市街地8カ所にも開設されている。

 ベイバイク登録者は9月末で約8万4千人。17年度の平均利用回数は1日約850回で、今年8月には過去最高の1日約1350回を記録した。
 

中区・西区版のトップニュース最新6件

本番見据えプレイベント

ラグビーW杯ファンゾーン

本番見据えプレイベント

11月8日号

空き店舗「内見」ツアー

「危険バス停」市内41ヵ所

横断歩道またぎ乗降停車

「危険バス停」市内41ヵ所

10月25日号

日本最古のチームに認定

YC&ACサッカークラブ

日本最古のチームに認定

10月25日号

全国から力作39点

海と船の絵本コンテスト

全国から力作39点

10月18日号

20年度開業に向け着工

JR桜木町駅前複合ビル

20年度開業に向け着工

10月18日号

11/12家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク