中区・西区版 掲載号:2019年3月7日号
  • LINE
  • hatena

西区 3機関合同で訓練 「顔の見える」関係づくりに

社会

救出訓練を行う警察官と消防団員
救出訓練を行う警察官と消防団員

 震災発生時、現場では消防・消防団・警察の連携が不可欠に―。この3機関の連携強化を目的に、西区では合同震災対策訓練が1月末に西消防署で行われた。

 これまでも西消防署と西消防団との合同訓練は行われてきたが、災害時には警察との連携も必要なことから、昨年初めて戸部警察署を含む3機関合同の訓練を実施した。

 震度7以上の大規模地震を想定。建物の倒壊や被災車両において救助を求める人が多数発生し、木造密集区域では延焼火災が多発している状況とした。その中で、消防団員と消防職員による情報伝達に関わる訓練や災害シミュレーションとして戸部署と消防団による「車両破壊工作・救出訓練」「倒壊建物からの救出訓練」、消防団による「狭あい道路を想定したホース延長訓練」も行われた。

 西消防署では「顔の見える関係が、いざという時に重要」と合同訓練の意義を語る。今後も3機関による訓練を実施していく方針だ。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

「犬にやさしい街」へ2年目

横浜ドッグウィーク

「犬にやさしい街」へ2年目

4月18日号

骨髄ドナーに助成金

横浜市

骨髄ドナーに助成金

4月18日号

パパママ向けに防災ノート

新生活の悩みを語り合い

子育て世代

新生活の悩みを語り合い

4月18日号

8代目大使が決定

県森林再生パートナーに

(株)日新

県森林再生パートナーに

4月18日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク