中区・西区版 掲載号:2019年3月21日号
  • LINE
  • hatena

黄金町 滞在アーティストが成果展 多様な発想を表現

文化

様々なアーティストの活動の成果が発表された
様々なアーティストの活動の成果が発表された

 黄金町の高架下スタジオで「レジデンスアーティスト」による活動の成果発表会が3月15日から17日にかけて行われた。

 レジデンスアーティストとは、滞在して制作活動を行う人のこと。レジデンス事業を通してまちづくりに取り組むNPO法人黄金町エリアマネジメントセンターの主催。3月8日から10日にも実施された。

 このレジデンスに参加しているのは4カ国(日・米・仏・韓)の15組(長期9組、短期6組)。触ることができる絵画や1つの飲食店を撮り続けた映像作品、またフランス語と日本語の共通項を探る試みなど多種多様な発想による成果(作品)が発表された。

 同センターの内海潤也さんは「地道ではありますが、アートを通じて黄金町のイメージを変化させている」とアートによるまちづくりの意義を指摘していた。

 3月30日には「ライブラリースペース」が開設され、第一弾としてジェンダー(社会的性差)をテーマにした展示を予定。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

「犬にやさしい街」へ2年目

横浜ドッグウィーク

「犬にやさしい街」へ2年目

4月18日号

骨髄ドナーに助成金

横浜市

骨髄ドナーに助成金

4月18日号

パパママ向けに防災ノート

新生活の悩みを語り合い

子育て世代

新生活の悩みを語り合い

4月18日号

8代目大使が決定

県森林再生パートナーに

(株)日新

県森林再生パートナーに

4月18日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク