中区・西区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

JR横浜駅 テロ災害想定し訓練 西消防署など多機関で連携

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
救護活動を行うDMATと消防隊
救護活動を行うDMATと消防隊

 西消防署(宮川淳一署長)など消防・警察・医療機関など117人が5月24日、JR横浜駅のホームと車両を利用し、テロ災害に対応する合同訓練を行った。テロリストがホーム上で刃物を振り回し可燃物に火をつけ、負傷者と火災が発生していることを想定。各機関が連携して対応した。

 1日の乗車人員が42万人を超えるJR横浜駅。今後、ラグビーワールドカップや東京オリンピックなど国際的な大規模イベントが開催されるため、さらに利用者が多くなることが見込まれている。そこで、西消防署が人の利用が集中する同駅で大規模テロ災害を想定した訓練の必要性を感じ、各機関への呼びかけと東日本旅客鉄道(株)に訓練場所の確保並びに車両の利用を依頼し開催に至った。

 合同訓練は同消防署・消防団をはじめ、戸部警察署、東日本旅客鉄道(株)横浜駅、けいゆう病院、鉄道警察隊の5機関と横浜新都市センターなどの民間事業者が参加。同病院からは専門的な訓練を受け、災害発生直後から活動できる医療チーム「DMAT」が加わった。

 訓練では、ホーム上で刃物を振り回しながら暴れるテロリストの動きをJR職員がさすまたで封じ、乗客の避難を誘導。警察隊が到着し、テロリストを確保したが、電車内から仲間のテロリストが登場し、可燃物に放火。警察隊が電車内でテロリストを取り押さえ、消防隊が初期消火にあたった。

 ホーム上には、負傷した人が数人倒れている状況で同消防署の救急隊と消防団が負傷者の容態を確認しながら色別(重い容態から赤、黄、緑の順)に把握するトリアージを行った。負傷者を救護場所へ運び、赤いシートに運ばれた負傷者から順番にDMATが応急救護活動を行ったところで訓練が終了した。

 訓練後、宮川署長は「多機関の連携は訓練をしないと課題が見えない。この経験を大規模イベントの際の災害対応へ活かしていきたい」と話した。
 

横浜市 消防団員募集中

学生や市内企業で働く方々も活躍中。地域の防災の担い手になりませんか。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/shobo/bosai/shobodan/shouboudan.html

【横浜消防】わが家の対策・自助

自分の命は自分で守る!地震が起きたときの準備、できていますか?

http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/home.html

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

再犯防止尽力し10年

県就労支援事業者機構

再犯防止尽力し10年 社会

10月に内閣総理大臣表彰も

11月14日号

考案メニューがハマ弁に

仲尾台中生徒会

考案メニューがハマ弁に 教育

3カ月連続、市内全校で

11月14日号

「11.9」に大感謝祭

中消防署

「11.9」に大感謝祭 社会

創設地そばで100周年祝う

11月7日号

水上交通に挑戦

水上交通に挑戦 社会

16日、各会場で食の市も

11月7日号

3会場に108ブース

11月3日西区民まつり

3会場に108ブース 社会

オリンピアンも登場

10月31日号

新港ふ頭に新名所

新港ふ頭に新名所 経済

客船・ホテル・食の3要素

10月31日号

女子高生考案ケーキが商品化

女子高生考案ケーキが商品化 教育

ローズホテル横浜で限定販売中

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月26日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク