中区・西区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

西区戸部町渡邊さん 地域愛から冊子創刊 学校やコミハに配布

社会

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
「I LOVE 笑店街」を手にする渡邊さん
「I LOVE 笑店街」を手にする渡邊さん

 「地域をもっと知ってほしい」。そんな純粋な思いから西区戸部町の女子高校生がフリーペーパーを創刊した。地元の飲食店紹介や町内会会長のインタビューなどを掲載。冊子は小中学校やコミュニティハウス、区役所、警察署などに配布している。

 フリーペーパーの名称は「I LOVE 笑店街」。A4判4ページのオールカラーで地域の印刷会社の好意により無償で630部を印刷した。8月20日発行の創刊号は、戸部大通り商店会を取り上げるとともに、旭日単光章を受章した御所山町会会長で西区連合町内会の金子勝雄会長のインタビューを載せている。

 制作したのは西区戸部町の渡邊絵里香さん(18)。きっかけは高齢者に関わるボランティア活動だった。1年前、地域の老人会の集まりに参加し、食事の配膳やそこに集う高齢者の話を傾聴する活動を行った。その体験を通して渡邊さんは、ボランティアに同世代がほとんどいないこと、いわゆる「老々介護」の問題が切実なことを知った。その2点の気づきから、同世代にもっと地域を知ってもらいたいと思うようになったという。

若者、地域に関心を

 取材や原稿執筆は7月から。写真はすべてスマートフォンで撮影した。表紙を飾るのは戸部大通り商店会・台湾料理金葉の看板メニュー「スーラータン炒飯」。昨年の市内商店街ナンバーワンを決める「ガチチャーハン!」企画で銀賞を受賞したメニューだ。金子会長のインタビュー原稿では、話し言葉や敬語など、校正作業に苦労したという。試行錯誤して完成させた冊子は自ら95点をつける自信作となった。

 「若い世代は国際ボランティアなどスケールの大きな活動に目が向きがちですが、地域にももっと関心を持つべきだと思う」と語る。今後もまずは年1回の発行を続けていきたいと抱負を語った。

 冊子は母校の戸部小学校、老松中学校、現在通う横浜清風高校をはじめ戸部警察署や戸部コミュニティハウス、西区役所や商店街にも配布した。

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

社会福祉法人 愛光会

【求人】60代以上の方や介護未経験者の方、大歓迎!気軽にお問合せ下さい。

https://www.aikokai-minamigp.or.jp/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

元町で生まれて50年

ポンパドウル

元町で生まれて50年 経済

全国77店舗、新ブランドも

12月5日号

街ぐるみで地域食堂

さくらホームレストラン

街ぐるみで地域食堂 社会

食を通じた多世代交流の場に

12月5日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

間伐材使い独自開発

11月28日号

相談窓口をシェアオフィスに

ヨコハマSDGsデザインセンター

相談窓口をシェアオフィスに 経済

ネットワーク拡大に期待

11月28日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

セグウェイで防犯巡回

パシフィコ横浜

セグウェイで防犯巡回 経済

西区、戸部署と3者協定で

11月21日号

考案メニューがハマ弁に

仲尾台中生徒会

考案メニューがハマ弁に 教育

3カ月連続、市内全校で

11月14日号

イオン本牧4階 INSPIRE

10/11~15 メンズアイテム10%オフ!スタイリッシュな秋冬物をお得に

https://www.gifutake.co.jp/inspire/

横浜市西区 極真会館戸部道場

10/31まで新規入門応援キャンペーン中 親子で空手始める人、増えてます

http://www.kyokushin-tobe.jp/

宅建市民セミナー杉良太郎講演会

11月14日関内ホール 参加費無料 事前申込制1000人

https://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/index.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月28日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク