中区・西区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

創業130周年を迎えた生花店「花松」の5代目を務める 横山 慶子さん 中区曙町在勤 65歳

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

人生の節目に花で寄り添う

 ○…代表を務める「花松」は1889年創業。横浜で最初に日本花を扱う生花店として中区相生町に開業した。2018年2月に夫を亡くしてから、店を切り盛りすることになり1年半ほどが経った。「お客さんや働く仲間に元気をもらい、続けられている。この1年半で130年の歴史を引き継いでいく決心がつきました」と話す。

 ○…大阪で生まれ、中学3年のときに父親の転勤を機に神奈川へ。大学卒業後、総合商社に就職した。旅行会社が企画したスキーツアーに参加したときに花松4代目の俊一さんと出会った。花屋を手伝うようになったのは子育てが落ち着いた頃。「花嫁修業で生け花をやっていたのが役に立ちました」と笑顔。街でも有名な「おしどり夫婦」として店頭に立った。

 ○…「こんにちは、お墓参りですね」とあいさつ。すぐさま「少し長めに切って包んであげて」とスタッフに指示を出す――。「お得意さんには、会話がなくても求めるものをすぐ出せるようにしています」。130年培ってきた縁は深い。創業時から付き合いがある学校や企業、個人までさまざまな場面を花で装飾し、その時々の節目に寄り添ってきた。「そんな人生の節目に立ち会えるのが花屋さんの醍醐味ですね」と魅力を語る。

 ○…南区にある家と店舗を往復する日々を過ごす。最近スタッフの助言でスポーツジムに通い始めた。「店舗と家を往復するなかでジムに寄ることで心にゆとりが持てるようになりました」と話す。4代目が主宰していたアレジメント教室を引き継ぎ、11月1日からは作品展を大さん橋のギャラリーで開く。「『花が好き』という思いで集まった生徒たちの作品展。モノクロと極採色をテーマにしたアレジメントをお楽しみください」

直葬でも心ゆくまでのお別れを

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

中区・西区版の人物風土記最新6

征矢(そや) 雅和さん

12月4日に開業40周年を迎えたYCATの社長を務める

征矢(そや) 雅和さん

西区高島在勤 61歳

12月12日号

後藤 清子さん

地域食堂「さくらホームレストラン」の運営グループ代表を務める

後藤 清子さん

中区竹之丸在住 41歳

12月5日号

廣原(ひろはら) 武乃(たけの)さん(本名:永井久乃)

11月30日に軽井沢コミュニティハウスで演奏会を行う津軽三味線師範の

廣原(ひろはら) 武乃(たけの)さん(本名:永井久乃)

西区北軽井沢在住 72歳

11月28日号

星野 大起さん

関内でカンボジア写真展を11月25日まで開催している

星野 大起さん

中区住吉町在勤 44歳

11月21日号

萩原 英さん

設立10周年「ジャックサポーターズ」の第1期生で活動を続ける

萩原 英さん

事務局長 87歳

11月14日号

田後 隆二さん

県行政書士会の会長として12月に開催する関東地方協議会の連絡会に備える

田後 隆二さん

中区山下町在勤 57歳

11月7日号

11月3日(祝)は馬車道まつり

馬車・人力車の試乗会やワゴンセール、馬とのふれあいなどイベント多数!

http://www.bashamichi.or.jp/

馬の博物館で「馬とのつどい」

11月4日、ホースアトラクションや馬・馬車の試乗会などイベント盛り沢山!

http://www.bajibunka.jrao.ne.jp/uma/

秋競馬開催!JRAウインズ横浜

全国各地の物産展など、イベント多数開催!!

http://www.jra.go.jp/facilities/wins/yokohama/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク