中区・西区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

三溪園 新しい土産が誕生 横浜の「和」の魅力を発信

文化

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena
「三溪園」をテーマにしたお菓子や雑貨、野点セットなど地元企業が製造販売する全11商品が新たに販売された
「三溪園」をテーマにしたお菓子や雑貨、野点セットなど地元企業が製造販売する全11商品が新たに販売された

 四季折々の豊かな自然が楽しめる日本庭園「三溪園」=中区本牧三之谷=の新たな土産が開発され、12月5日から販売がスタートした。市のインバウンドへの取り組みの一つとして、横浜の「和」の魅力を発信することが狙い。

地元企業が開発

 新発売された土産品は、横浜市文化観光局と公益財団法人三溪園保勝会がタッグを組み、横浜の土産ブランド「ヨコハマ・グッズ横濱001」の会員企業10社が、食品や雑貨などを開発した。

中区の企業である三陽物産では本牧の辺りを描いたとされる飾北斎の浮世絵「神奈川沖浪裏」をモチーフにしたクッキーを、元町の「香炉庵」で

は人気商品の「薄皮どら」に、原三溪が考案し「四弁花文」の図柄を焼き印に押したオリジナル品を販売するなど、開発にあたり単なる三溪園の名前入りの土産品ではなく、ストーリー性を意識したという。

 先行して10月に行われたテスト販売では、外国人観光客には野点セットやTシャツ、スカーフといった雑貨が人気を集める一方、日本人にはお菓子が一番人気だったという。5日の販売初日も多くの観光客の目にとまり、土産を購入する人の姿がみられた。浜松市から観光に訪れたという女性は「横浜のお土産で有名な商品もあり、パッケージに『三溪園』とついているのがいいですね」と話していた。横浜市の担当者は「外国人観光客も多い三溪園を通じて”和”という横浜の新たな魅力を発信していければ」と話す。

 当面は三溪園内の「三溪記念館ミュージアムショップ」のみで販売。横浜高島屋7階のヨコハマ・グッズ横濱001ショップで1月22日から28日までの間販売されるほか、順次市内の001ショップで販売される予定となっている。

三溪園土産の全商品紹介レポートは上記QRへ
三溪園土産の全商品紹介レポートは上記QRへ

中区・西区版のトップニュース最新6

初の「神奈川ワイン」誕生

横濱ワイナリー

初の「神奈川ワイン」誕生 社会

県内産ブドウを県内醸造

1月23日号

旧暦正月祝う春節

横浜中華街

旧暦正月祝う春節 文化

最終日は「スカイランタン」も

1月23日号

藤棚一番街が準大賞

かながわ商店街大賞

藤棚一番街が準大賞 経済

若手店主らの取り組み評価

1月16日号

羽沢西部に新交流拠点

羽沢西部に新交流拠点 社会

地域と外部をつなぐ

1月16日号

五輪に「おもてなし」発揮を

中区長インタビュー

五輪に「おもてなし」発揮を 政治

多文化共生のニーズ調査も

1月9日号

西区全体へ「にぎわい」を

西区長インタビュー

西区全体へ「にぎわい」を 政治

関係機関との連携強化へ

1月9日号

狛「ねずみ」にチュー目集まる

狛「ねずみ」にチュー目集まる 文化

西区の戸部杉山神社

1月1日号

直葬でも心ゆくまでのお別れを

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ボッチャを体験

パラスポーツ

ボッチャを体験

2月6日、藤棚地区センで

2月6日~2月6日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク