中区・西区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

タクシー会社が配達代行 特例措置で飲食店と連携

経済

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena
アルティザンの佐藤さん(右)から商品を受け取る乗務員
アルティザンの佐藤さん(右)から商品を受け取る乗務員

 中区や西区、南区を中心に運行する「アサヒタクシー」(本社・中区山元町、藤井嘉一郎社長)が6月から飲食店と連携し、弁当などを配達するサービスを始めた。新型コロナウイルスの影響で利用客が激減するタクシー会社にとって、配達代行が新たな収入源になるか注目されている。

 法律により、タクシーは貨物を有償で運ぶことが認められていなかったが、4月下旬、国土交通省が特例として、申請のあったタクシー会社に配送を認めることにした。

売上3分の1

 アサヒタクシーは山手営業所=中区山元町=に約50台の車両を所有。藤井社長によると、現在でも日中の売上はコロナ禍前の半分程度。稼ぎ時の夜は3分の1にとどまっているという。苦境の中、特例措置を知り、申請を出して認められた。

 金融機関の紹介を受け、中区内にあるフランス料理店「レストランアルティザン」「ロティスリーアルティザン」とうなぎ店「川京」の商品を配達することになった。「レストランアルティザン」は3月末からテイクアウトやデリバリーを開始。5月末まで営業時間を短縮してきたが、6月から通常営業に。それに伴い、配達に対応できるスタッフがいなくなったため、タクシーでの配達を依頼することにした。

 利用客はまず店に注文。店から連絡を受けたアサヒタクシーが利用客に配達先を確認する仕組み。同店の場合、料金5千円以上からデリバリーが可能だ。配達料は3Km圏内は1千円、5Km圏内は1500円。複数人で楽しめる前菜や肉の盛り合わせボックス(2〜3人前6500円から)がよく注文されるという。この日は中区内の会社の昼休みに開かれた社員の誕生日パーティーのための商品が運ばれた。乗務員が店へ行き、食事セットをケースに入れ、ワゴンタイプの車で運んだ。

 自前配達期間中、道に迷うことが多かったという同店の佐藤剛さんは「道を知っているプロに配達してもらうのは安心。今まで店に足を運んだことがない方の利用も期待したい」と話す。

 始めたばかりで1日の利用はまだ数件だが、藤井社長は「協力していただける店舗を増やし、より良い方法を見つけたい」と話す。特例措置の期限は9月末だが、恒久化も検討されている。

中区・西区版のローカルニュース最新6

鬼滅の刃の登場人物名乗り、中区役所へ3千円寄付

【Web限定記事】

鬼滅の刃の登場人物名乗り、中区役所へ3千円寄付 社会

匿名でパルスオキシメーターも

9月23日号

若者の接種、加速化へ

【Web限定記事】

若者の接種、加速化へ 社会

進む、新型コロナワクチン接種 横浜市、当初計画を前倒し

9月23日号

過去2年の成果を報告

【Web限定記事】横浜市まち普請事業

過去2年の成果を報告 社会

23日にライブ配信

9月23日号

全国から480作品

SDGs小論文

全国から480作品 社会

大賞全文を公開

9月23日号

松井大輔らが加入

Y.S.C.C.横浜

松井大輔らが加入 スポーツ

フットサルへ初の挑戦

9月23日号

五感で楽しむ展覧会

【Web限定記事】横浜駅直通のアソビル

五感で楽しむ展覧会 文化

人気番組「びじゅチューン!」の史上最大規模となるイベント

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook