中区・西区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

神奈川フィル来シーズン 定演、横浜・川崎の3会場で 常 任指揮者 川瀬氏、最後の1年に

文化

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena
常任指揮者の川瀬氏(左)と楽団の上野理事長
常任指揮者の川瀬氏(左)と楽団の上野理事長

 神奈川フィルハーモニー管弦楽団は、来シーズン(2021年4月〜22年3月)のプロブラムをこのほど発表した。

 定期演奏会は全9回。主会場としていた横浜みなとみらいホールが改修工事により休館となるため、県民ホールとミューザ川崎シンフォニーホール、カルッツかわさきの3会場での公演となる。

 21年4月17日の県民ホールを皮切りに、5・6・7・9・10・11月、22年2・3月を計画。同楽団は今年創立50周年を迎えたが、新型コロナの影響で2月末から全公演が中止となったため、記念公演を延期し、来シーズン最終公演(22年3月)を同公演に位置付ける。また、来年は常任指揮者の川瀬賢太郎氏のラストシーズンでもあり、最終公演ではマーラーの交響曲第8番変ホ長調『千人の交響曲』において合唱団も含め千人を前にタクトを振る予定だ。

 定演のほかに、県内巡回公演や県立音楽堂での公演なども予定する。

7年に充実感も

 9月16日に中区で開かれた記者会見で川瀬氏は、これまでの7年を振り返り「楽団の皆と語りながら新しい扉を開けてきた」と話し、常任指揮者として充実感をにじませた。上野孝理事長は、コロナの影響に触れ、「入場制限基準50%が解除できることに期待したい」と話していた。

 同楽団は、22年から日本を代表する指揮者の一人、沼尻竜典氏を音楽監督に迎える。

中区・西区版のローカルニュース最新6

緑化保全に180万円寄付

ウエインズグループ

緑化保全に180万円寄付 社会

黒岩知事から感謝状

11月25日号

立野小が創立110周年

立野小が創立110周年 教育

地域と共に育つ学び舎

11月25日号

中学生スタッフを募集

MMホール

中学生スタッフを募集 教育

来年5月の公演に向け

11月25日号

横浜で「城」の祭典

読者プレゼント

横浜で「城」の祭典 文化

12月18日・19日開催

11月25日号

医療の希望を終活ノートに

医療の希望を終活ノートに 社会

西区で講座

11月25日号

食品・環境衛生の専門家集団

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook