中区・西区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

中区 2つの商店会が始動 地域活性化へけん引

社会

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena
新山下商栄会の小林会長(左)と秋山副会長
新山下商栄会の小林会長(左)と秋山副会長

 中区で2つの商店会がこのほど本格的に活動を始めた。新山下1丁目から3丁目までの「新山下商栄会」と、本牧エリアを中心とした「本牧三渓園ストリート笑栄会」。新型コロナウイルスの影響を乗り越えながらも、区内で2年ぶりに新たな商店会が誕生した。

新山下に活気を

 新山下商栄会は1957年設立。直近の約7年は活動がほとんどなく、現在ではシャッター街と化していた。そんな状況を打破しようと新山下で生まれ育ち、同地域で飲食店を経営する小林浩さんが立ち上がった。新たに商店会を発足させることも考えたというが、前会長から歴史を聞くうちに「引き継いでいかなくては」との思いが芽生え、4代目の会長に就任。同会を引き継いだ。復活に伴い桜木町高架下の壁画などで知られるロコ・サトシさんにシンボルマークの作成を依頼。加盟店舗の店先に貼り、PRに一役買っている。

 現在は12店舗が加盟。「次世代につながる商店街に」をテーマに、新店誘致などに向けて活動している。また副会長を務める秋山敏さんのアイデアから「しんやま音頭」というテーマソングを生み出した。小林さんは「まずは会としての土台を固めつつ、コロナの収束後のイベントを考えて、活気ある新山下にしていきたい」と話す。

明かり絶やさずに

 本牧三渓園ストリート笑栄会は本牧地域をメインに、23店舗が所属。同地域で活動する「本牧三渓園通り商栄会」の解散が数年前に決定し、約50

本ある街路灯の維持管理が難しいとの見通しに。通りが暗くなることで犯罪の増加なども考えられることから、拠点を移すことも考える商店が出てくる事態となった。

 そこで同地域で酒販店を営む岩波光一さんが、まずは防犯を目的に本牧三渓園ストリート笑栄会を立ち上げ、街路灯の管理などを引き継ぐ予定となった。岩波さんが会長となり、副会長の秋吉教生さん、会計の大渕健さんら、役員3人が先頭に立って昔のにぎやかな商店街を目指す。楽しく明るくをモットーに商栄会に”笑”を用いた。

 同会の特徴としては、近くに三渓園が位置すること。同園までの道沿いに設置されている街路灯を、桜をイメージしたピンクに塗り替えたり、同園との連携なども構想中。来訪者も楽しめる取組の一方、地域住民に向けた月1回のイベントではマグロの解体ショーなどを企画している。岩波さんは「やりたいことはたくさん出てくるんです。本牧を盛り上げられるよう、実行していけたら」と意気込んだ。

 現在中区商店街連合会には33の商店会が加盟。商店会が新たに誕生したのは2年ぶりとなった。

本牧三渓園ストリート笑栄会の左から秋吉副会長、岩波会長、大渕会計
本牧三渓園ストリート笑栄会の左から秋吉副会長、岩波会長、大渕会計

ばらの幼稚園はピンクリボン応援

乳がんの早期発見・早期治療をめざし乳がんの受診率向上を

http://barano.ed.jp/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

水上交通の可能性探る

吉田新田周りの河川

水上交通の可能性探る 社会

「運河チャレンジ」今年も

10月29日号

海事普及で総理大臣賞

帆船日本丸記念財団

海事普及で総理大臣賞 文化

博物館活用なども評価

10月29日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

「力作」で防犯啓発

東久保町元交番

「力作」で防犯啓発 社会

閉鎖後も地域安全に一役

10月22日号

新聞広告が部門賞に

横浜市緑の協会

新聞広告が部門賞に 社会

動物のイラストを評価

10月22日号

子ども食堂、再開徐々に

子ども食堂、再開徐々に コミュニティ社会

食品提供の団体も

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク