中区・西区版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

市政リポート㊹ 市会第3回定例会が終了公明党提案がカタチに

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症の動向には予断の許されぬ状況が続いていますが、未来の横浜を見つめ、着々と施策の充実を図ってまいります。

小児医療費助成2歳児まで所得制限撤廃

 わが党が初めて横浜市会で提案し、平成7年1月に0歳児の無料化が実現して以来、一貫して求めてきた制度の拡充。今回ようやく1、2歳児まで保護者の所得制限が撤廃となります。通院一回につき上限500円まで負担して頂きますが、その他の負担はなくなり、大きな前進と言えます。しかし3歳児以上には所得制限が残るため、さらなる緩和を求めます。最終的には対象を18歳まで拡大するとともに、国において全国一律の制度とすべく取り組みます。

市立校修学旅行への支援

 生涯の思い出ともなる修学旅行は、横浜では行き先や実施時期を学校ごとに決定しています。現時点では新型コロナウイルス感染予防のため慎重な判断が求められ、状況により延期や突然中止の可能性も。実施する場合の看護師等の同行費用、中止する場合のキャンセル料等を「公費負担」とし、実施・中止いずれの決定をしても通年以上のご家庭の負担が生じないようにします。

横浜型中学校給食来春に

 市立中学校の昼食についてはさまざまな意見がある中、予算や校内スペース等を考慮した現実的な選択肢として公明党は「ハマ弁」を実現しました。来年4月からはこれを学校給食法に位置づけ、選択制デリバリー方式の「横浜型給食」とします。現在、調理・配送を担う事業者を決定し、各校には牛乳用保冷庫の設置を進めます。食材の充実と利用しやすさを考慮した価格設定を検討中です。

福島直子

FAX:045-624-1634

http://www.fukushima-naoko.info/

中区・西区版の意見広告・議会報告最新6

市民の利便性向上にデジタル局創設を提案

経済と感染症対策の両立に向けて

経済と感染症対策の両立に向けて

自民党 神奈川県議会議員(西区)加藤 元弥

10月29日号

「189(いちはやく)知らせて守るこどもの未来」

市政報告 STOP!子ども虐待

「189(いちはやく)知らせて守るこどもの未来」

自民党市会議員 松本 研

10月29日号

市会第3回定例会が終了公明党提案がカタチに

カジノIR住民投票の実現を

市政報告

カジノIR住民投票の実現を

横浜市会議員 おぎわら隆宏

9月3日号

「にひゃくとおか」に防災を考える

市政リポート㊸

「にひゃくとおか」に防災を考える

8月27日号

西区北幸1-1-8エキニア7F

横浜駅西口すぐの補聴器専門店。認定補聴器技能者と言語聴覚士が在籍で安心です。

https://panasonic.jp/hochouki/shop/plaza/yokohama.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク