中区・西区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

吉田新田周りの河川 水上交通の可能性探る 「運河チャレンジ」今年も

社会

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
大岡川を走る水上交通船(昨年の様子、実行委提供)
大岡川を走る水上交通船(昨年の様子、実行委提供)

 横浜中心部の河川を活用した水上交通の社会実験「よこはま運河チャレンジ」が11月14日と15日に実施される。コロナの影響で開催が危ぶまれたが、クルーズを予約制にするなど十分な感染症対策を行うことで開催に踏み切った。また、運河と横浜の歴史や社会実験の目的、これまでの活動などを紹介するユーチューブチャンネルも開設し、横浜の新たな魅力を発信する。

 8年目となるこの取り組みは、中区と南区に跨る吉田新田の周りを流れる大岡川・中村川・堀川とその周辺を会場としたイベント。昨年に「運河パレード」から「運河チャレンジ」に改称。水上交通の可能性に挑戦するという意味を込めた。地域のNPOや横浜市などで組織されるよこはま都心部水上交通実行委員会(小林直樹委員長)が主催する。

活動目的など動画で配信

 恒例のクルーズは、昨年まで500円で体験乗船の性格が強かったが、今年は弁当や土産を付け料金も大人3500円にし、歴史ガイドや船上ライブなどエンターテイメント性を盛り込んだ(※全コース完売)。コースは内陸部の「吉田新田」と山下ふ頭や新港ふ頭などを巡る「みなと」の2つを用意した。

 その他にも運河を活用し緊急物資を運ぶ防災訓練やスタンプラリーなども企画されている。

 今年は動画配信によりプロモーションを強化する。「濱橋チャンネル」をユーチューブに開設。取り組みの目的をはじめ吉田新田の歴史や運河の清掃、大岡川に設置した手作り漁礁の紹介など、運河とのかかわりを伝えるコンテンツが並ぶ。

 実行委員会の中心的な役割を担うNPO代表の大島重信さんは「そもそも何のために実施しているのか、しっかり伝えていく」と話す。また「運河活用の可能性を広く知ってもらい、運河から新たな横浜の魅力を見つけていきたい」と継続する狙いを語った。

ユーチューブ「濱橋チャンネル」にアクセスできるQRコード
ユーチューブ「濱橋チャンネル」にアクセスできるQRコード

西区北幸1-1-8エキニア7F

横浜駅西口すぐの補聴器専門店。認定補聴器技能者と言語聴覚士が在籍で安心です。

https://panasonic.jp/hochouki/shop/plaza/yokohama.html

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

ロゴマークで身近に

中区地域福祉保健計画

ロゴマークで身近に 社会

4候補から投票受付中

11月19日号

若い女性の悩み相談室 開設

若い女性の悩み相談室 開設 社会

都内NPOが中区曙町に

11月19日号

寿町の人模様を一冊に

寿町の人模様を一冊に 社会

足掛け6年、14話収録

11月12日号

文科大臣表彰を受賞

宮谷小

文科大臣表彰を受賞 教育

食育評価で「給食優良校」に

11月12日号

「Go To」で活気戻るか

市内商店街

「Go To」で活気戻るか 経済

効果の一過性に懸念も

11月5日号

海事普及で総理大臣賞

帆船日本丸記念財団

海事普及で総理大臣賞 文化

博物館活用なども評価

10月29日号

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク