中区・西区版 掲載号:2020年11月5日号 エリアトップへ

横浜市 関内・外の道路で社会実験 幅員減少、利活用空間も

社会

掲載号:2020年11月5日号

  • LINE
  • hatena
社会実験の区間位置図(横浜市資料より)
社会実験の区間位置図(横浜市資料より)

 中区不老町の旧横浜文化体育館およびみなと大通り周辺の車道の一部を規制する社会実験が、11月9日から11月30日まで実施される。

 これは、関内・関外地区の回遊性向上を目的とした横浜市の道路再整備事業の一環。期間中は、長者町三丁目交差点から不老町交差点までの約350mと、横浜スタジアム入口の交差点からみなと大通りの横浜税関前交差点までの約500mにおいて、カラーコーンや防護柵を設置して、車道幅員を一部縮小。また、万代町2丁目交差点から扇町三丁目交差点までの約300mを大通り公園方向への一方通行にする。対象道路沿いには、計4カ所にテーブルや椅子を設置した利活用空間も。

 この取り組みにより、交通量や歩道の歩きやすさ、テーブルや椅子を置いた利活用空間の使いやすさなどを検証する。

歩道活用に期待

 実験の対象エリアでは、普段から荷さばき車両の停車がみられるが、社会実験期間中は、代替場所も設定する。

 みなと大通りにおいては計4台分を確保。一方、文化体育館あたりから不老町交差点までの沿道には特に設けない。

 今回の社会実験の結果を踏まえ、市は、2021年度から23年度まで対象エリアの歩道拡幅などを実施する計画だ。道路局企画課は「歩道を広げ、歩行空間以外のところを活用することで、街のにぎわいづくりにも資する」と説明している。

中区・西区版のローカルニュース最新6

認知症の研修内容を動画に

認知症の研修内容を動画に 社会

コロナ対策踏まえ

1月21日号

「ハマ弁」に百人一首献立

「ハマ弁」に百人一首献立 教育

フェリス大生が考案

1月21日号

行政書士による無料相談会

行政書士による無料相談会 社会

電話で対応、1月22日・28日

1月21日号

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月21日号

男性不妊 動画で学ぶ

男性不妊 動画で学ぶ 社会

市、サイトで配信

1月21日号

交通の裏側 コラムで紹介

交通の裏側 コラムで紹介 社会

交通局が特設サイト開設

1月21日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月7日12:21更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク