中区・西区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

11月20日から創立70周年記念公演を行う「劇団かに座」の代表を務める 馬場 秀彦さん 旭区在住 63歳

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena

次の10年へ劇団導く

 ○…西区の稽古場を拠点として年2回の定期公演を行い、市民に演劇を届ける「劇団かに座」。社会人や学生、主婦など約15人が所属し、高校生から70代まで幅広い年代のメンバーをけん引している。今年の6月から延期となった記念公演へ向け、稽古も大詰め。「ようやく70年かという思い。地道に続けてきたかに座の節目となる舞台を良いものにしたい」

 ○…初めてプロの演劇を見た時の面白さから「自分が演者となっても面白いのでは」と25歳で未経験ながら、かに座の門を叩いた。「芝居はいかに自然体で演じられるかが大切。このことを体現できるまでは大変でしたね」と頭をかく。今では同劇団に所属して約40年のベテランで、5年前に2代目として代表を引き継いだ。「自分では参謀的な立ち位置の方が向いてると思うのですが」と話しながらも団員の信頼は厚い。

 ○…趣味はアイスホッケーで2人の息子が小学生だった頃、一緒に始めたのがきっかけ。現在も息子と同じクラブチームに所属し、汗を流す。「チームプレーでありながらも、自分の個性を発揮するところは演劇に通じるものがあります」。孫も試合を観に来るといい、「『秀じいすごかったよ』と褒められると素直に嬉しいですよ」と目尻を下げる。

 ○…「芝居って正解がなくて、常にこれでよかったのかと考えます」と芝居への姿勢を見せ、「想像力を働かせなくなると成長も止まってしまう。ボケ防止にもなりますしね」と冗談交じりに話す。一方、劇団については創立から65年もの間、かに座を率いた前代表の影響は大きく、長年続けた分、人のつながりの輪も大きくなると痛感。その経験から次の10年を見据え、劇団の魅力を発信していく。

中区・西区版の人物風土記最新6

宿本 諒太さん

中区本牧が拠点のY.S.C.C.横浜フットサルのキャプテンを今季務める

宿本 諒太さん

神奈川区在住 29歳

6月17日号

大庭(おおば) 良治さん

(一社)横浜市私立保育園こども園園長会の会長を務める

大庭(おおば) 良治さん

中区在勤 62歳

6月10日号

村山 陽美さん

子育て世代向けに花のワークショップを開く

村山 陽美さん

西区東久保町在住 48歳

6月3日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

5月27日号

河原 奈里さん

復活オープンした日本初のカフェバー「アロハカフェ」のオーナー

河原 奈里さん

中区本牧原在住 40歳

5月20日号

阿久津 裕司さん

創建150年を迎えた伊勢山皇大神宮の宮司を務める

阿久津 裕司さん

西区宮崎町在住 54歳

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月18日18:51更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:12更新

  • 4月22日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter