中区・西区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

11月20日から創立70周年記念公演を行う「劇団かに座」の代表を務める 馬場 秀彦さん 旭区在住 63歳

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena

次の10年へ劇団導く

 ○…西区の稽古場を拠点として年2回の定期公演を行い、市民に演劇を届ける「劇団かに座」。社会人や学生、主婦など約15人が所属し、高校生から70代まで幅広い年代のメンバーをけん引している。今年の6月から延期となった記念公演へ向け、稽古も大詰め。「ようやく70年かという思い。地道に続けてきたかに座の節目となる舞台を良いものにしたい」

 ○…初めてプロの演劇を見た時の面白さから「自分が演者となっても面白いのでは」と25歳で未経験ながら、かに座の門を叩いた。「芝居はいかに自然体で演じられるかが大切。このことを体現できるまでは大変でしたね」と頭をかく。今では同劇団に所属して約40年のベテランで、5年前に2代目として代表を引き継いだ。「自分では参謀的な立ち位置の方が向いてると思うのですが」と話しながらも団員の信頼は厚い。

 ○…趣味はアイスホッケーで2人の息子が小学生だった頃、一緒に始めたのがきっかけ。現在も息子と同じクラブチームに所属し、汗を流す。「チームプレーでありながらも、自分の個性を発揮するところは演劇に通じるものがあります」。孫も試合を観に来るといい、「『秀じいすごかったよ』と褒められると素直に嬉しいですよ」と目尻を下げる。

 ○…「芝居って正解がなくて、常にこれでよかったのかと考えます」と芝居への姿勢を見せ、「想像力を働かせなくなると成長も止まってしまう。ボケ防止にもなりますしね」と冗談交じりに話す。一方、劇団については創立から65年もの間、かに座を率いた前代表の影響は大きく、長年続けた分、人のつながりの輪も大きくなると痛感。その経験から次の10年を見据え、劇団の魅力を発信していく。

中区・西区版の人物風土記最新6

土屋 トカチさん

1月30日にオンライン上映会が行われる『アリ地獄天国』を撮った映画監督

土屋 トカチさん

中区長者町在勤 49歳

1月21日号

松本 隆之介さん

横浜DeNAベイスターズに入団した

松本 隆之介さん

戸塚区出身 18歳

1月14日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

小畑 光さん

山手警察署管内の交番の歴史を伝えるパネル展を企画した

小畑 光さん

中区本牧宮原在勤 33歳

12月17日号

渡邊 絵里香さん

ミス・アース・ジャパン2020神奈川代表として戸部警察署で1日署長を務めた

渡邊 絵里香さん

戸部町在住 19歳

12月10日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月7日12:21更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク