中区・西区版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

認知症高齢者等 「見守りシール」普及進まず 活用事例は2年で27件

社会

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena
二次元コードが印刷された「見守りシール」
二次元コードが印刷された「見守りシール」

 認知症が原因で行方不明になった高齢者の早期発見・保護につなげようと横浜市が進める「見守りシール」事業が3年目を迎える。二次元コードを読み込みコールセンターに連絡が入った事例は27件。一方でシールの存在の市民周知など普及へ向けた課題も見えてきた。

 市の推計値によると団塊の世代が75歳以上になる2025年には認知症高齢者は約20万人 に達すると予測されている。市は18年12月に本人の身元を特定できる「見守りシール事業」をスタートした。警察や行政機関が連携する「認知症高齢者等SOSネットワーク」へ事前に登録することと、迎えに行くことができる家族らがいることが条件で、今年10月末時点で1409人が登録している(西区は32人、中区は63人)。

 シールは粘着タイプと衣類などにアイロンで圧着することができる2種類が用意されている。二次元コードを携帯端末などで読み込むとコールセンターの電話番号とID番号が表示され個人を特定。コールセンターから事前に登録されている情報をもとに家族などへ連絡が入る仕組みだ。

 市担当によると事業開始から10月末までの間に徘徊中の高齢者に市民や警察官らが声をかけ二次元コードを読み取り、コールセンターへ連絡が入ったケースは27件あったという。

市民周知に課題

 事業開始から2年が経ち、課題も見えてきた。そのひとつが「市民への周知」だ。早期発見・保護を進めるこの事業では、発見者がこのシールの存在や仕組みを知っているか否かが大きなポイントとなる。

 市内の一部の地域ケアプラザでは今秋、民生委員やケアマネージャーらが参加し「見守りシール体験会」を実施。認知症高齢者への声の掛け方などを学んだ後、高齢者に扮し地域内を徘徊するスタッフを見つけ、声を掛けながら二次元コードを読み込み、コールセンターへ連絡するまでの流れを実際に体験した。市担当は「こういった好例を連絡会などを通じ共有し、市民への周知を図り『見守りの目』を増やすことができれば」と話している。

中区・西区版のトップニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

万葉集を一般公開

地元書家高木三甫作

万葉集を一般公開 文化

伊勢山皇大神宮奉納前に

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter