中区・西区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

IR誘致 住民投票条例案を否決 自民・公明反対で不成立

政治

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市が進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)に関し、誘致の賛否を問う住民投票を実施するための条例案が1月8日の市会本会議で自民党系会派と公明党の反対多数で否決された。

 条例案は誘致に反対する市民団体「カジノの是非を決める横浜市民の会」が中心に、住民投票の実施を目指して法定数の3倍以上となる19万3193筆の署名を集め、市に直接請求したもの。

「意義を見出しがたい」と市長

 林文子市長は条例案に対し、「市民の皆さんの関心の表れとして受け止めている」としたが、住民投票の結果に法的拘束力がないことなどを挙げ、「実施することには意義を見出しがたい」と案に反対する旨の意見を付けて市会に提出した。

委員会採決6対4

 7日の政策・総務・財政委員会で請求者代表の3人が意見を述べた。市民の会の藤田みちる共同代表は「IRはコロナ禍前に論議されたもので考え直すべき。カジノのある街で暮らしたいか、市民に聞いてほしい」と訴えた。採決では委員長を除く10人のうち、自民党・無所属の会4人、公明党2人が反対し、立憲・無所属フォーラム2人、共産党1人、無所属1人の4人が賛成で、否決された。8日の本会議でも、各会派が委員会と同じ賛否となり、条例案は否決された。

 否決を受けて市民の会は「自民、公明両党は世論の大多数を占めるIR反対意見を圧殺した」とコメントした。

 また、6日の本会議で質問に立った立憲・無所属フォーラムの荻原隆宏議員=西区=は「市民みずからの手で判断したいという市民の思いを、横浜市会はついに否定してしまいました。住民投票をやる必要がない、やるべきでないと判断する理由は、どこにも一切ありません」と指摘した。

中区・西区版のローカルニュース最新6

認知症の研修内容を動画に

認知症の研修内容を動画に 社会

コロナ対策踏まえ

1月21日号

「ハマ弁」に百人一首献立

「ハマ弁」に百人一首献立 教育

フェリス大生が考案

1月21日号

行政書士による無料相談会

行政書士による無料相談会 社会

電話で対応、1月22日・28日

1月21日号

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月21日号

男性不妊 動画で学ぶ

男性不妊 動画で学ぶ 社会

市、サイトで配信

1月21日号

交通の裏側 コラムで紹介

交通の裏側 コラムで紹介 社会

交通局が特設サイト開設

1月21日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月7日12:21更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク