中区・西区版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

寿地区 宿館屋上でグランピング 新たな魅力創出に

経済

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena
3月開業に向け整備が進むグランピング施設。左は岡部代表
3月開業に向け整備が進むグランピング施設。左は岡部代表

 寿地区のバックパッカー向けホステル「ヨコハマホステルヴィレッジ(YHV)」=中区松影町3=の屋上が、グランピング空間に生まれ変わりつつある。近場の人たちにも集える魅力的な施設にしようと、3月開業に向け整備が進められている。

 新型コロナの影響で宿泊者は激減、繁忙期である3月から6月までの売上は、前年比で9割減という状況だった。

 そこで、同施設を運営するコトラボ合同会社(岡部友彦代表)=同所=は、これまでターゲットとしてきた外国人や遠方からの旅行者だけでなく、近隣に住む人たちにとっても魅力ある施設にしようとグランピング空間を発案。昨年の9月に、整備費用調達にインターネットを活用して寄付を募るクラウドファンディングを実施した。すると、全国各地にいるYHVファンたちの賛同を得て、募集開始から10日間で目標額180万円に達し、最終的には200万円ほどが集まった。

大型テントが2つ

 屋上には大型のテントを2つ設置し、1日2組限定で貸し出す計画だ。

 階下のホステルの宿泊とセット利用となっており、1組4人までを想定する。利用料金は宿泊代を含めて2万円の予定。時間はチェックインを想定して、午後3時以降の利用とする。また、昼時の利用ニーズに対応するため、宿泊を伴わないプランも検討中だという。

変わりつつある街の色合い

 日雇い労働者の街として簡易宿泊所が建ち並んだ寿地区だが、いまは高齢化が進み福祉の街としての性格が色濃い。

 岡部さんは、その街に外からの人の流れをつくり街のイメージを変えていこうと、バックパッカー向けの宿泊施設としてYHVを2005年に立ち上げた。今では、利用者の6割は外国人旅行者だという。

 そこにコロナが直撃。外国から国内にターゲットを転換し、近場の人たちが非日常を味わえる施設を整備することで、寿地区の新たな魅力づくりにチャレンジする。

 岡部さんは「デザイナーズマンションが計画されるなど、寿地区はこれまでと街のフェーズが変わってきている」と話す。グランピング施設については「近場の方にも遊びに来ていただけるような場所にしていけたら」と期待していた。

横濱ハイカラきもの館

卒業式袴レンタル→全部コミコミ11,990円!小物や靴、着付けも無料♪

https://www.shinnichiya.com/kimonokan

3月8日~15日シルクフェア

横浜スカーフなどの魅力を体験できるイベント多数。シルクセンターで入場無料。

http://www.yokohamascarf.com/

東京建物不動産販売横浜支店

一般住宅から事業用まで査定無料!すぐに現金化できる「直接買取」も好評です

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

地元産タチウオを給食に

間門小

地元産タチウオを給食に 教育

本牧の漁師が協力

2月25日号

リボン運動で人権啓発

本牧南小

リボン運動で人権啓発 教育

家庭・地域と結び深める

2月25日号

ソニーの教育論文で全国優秀賞

【Web限定記事】立野小学校

ソニーの教育論文で全国優秀賞 教育

主体性ある学びが評価

2月18日号

脱炭素化に向けた国際動画コンペで決戦投票へ

【Web限定記事】中区大和町放課後デイの学生チーム

脱炭素化に向けた国際動画コンペで決戦投票へ 社会

文字使わずイラストのみで啓発に挑戦

2月18日号

同世代の貧困を支援

立野の横国大附属小

同世代の貧困を支援 教育

手作り石けんの売上寄付

2月11日号

人を本に見立て相互理解

山手でウェブ交流会

人を本に見立て相互理解 社会

プロ手品師、思い語る

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月16日15:24更新

  • 2月11日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク