中区・西区版 掲載号:2021年1月28日号 エリアトップへ

横浜開港資料館 写真師伝える関東大震災 展示初公開も

文化

掲載号:2021年1月28日号

  • LINE
  • hatena
発見された写真原版(昨年12月撮影)
発見された写真原版(昨年12月撮影)

 「レンズ越しの被災地、横浜―写真師たちの関東大震災―」が1月30日(土)から4月18日(日)まで、横浜開港資料館の新館2F企画展示室で開催される。時間は午前9時30分から午後4時30分(入館は4時)まで、月曜休館。入館料は一般200円、小中学生・市内在住の65歳以上は100円となる。

 本展示は、2018年秋に鎌倉市内で発見された西野写真館旧蔵の写真原版(縦105mm×横160mm)を中心に、街の写真師たちが撮影した被災地、横浜の姿に約80点の展示資料で迫る。写真原版は、写真師の西野芳之助氏が関東大震災時に撮影したと考えられ、この展示で初公開となる。

担当者は「東日本大震災から10年の節目に、災害の記録を伝える意義を見つめ直します」と思いを話す。新型コロナ感染拡大防止のため、同館HPで事前予約が必要。詳細はhttp://www.kaikou.city.yokohama.jp/へ。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

カラフルな世界を体感メキシコのトイ&ドール

カラフルな世界を体感メキシコのトイ&ドール 文化

人形の家で企画展 7月18日まで

5月26日号

セーリング無料体験会

セーリング無料体験会 スポーツ

八景島などで 参加者募集

5月26日号

夏のオリジナル商品

最短3週間

夏のオリジナル商品 社会

5月26日号

個性的なキャラが説明

プラスチック資源循環法

個性的なキャラが説明 社会

市資源循環局が動画配信

5月26日号

自分で持ち歩く時代へ

フォークもスプーンも

自分で持ち歩く時代へ 社会

記念品、販促品作れます

5月26日号

家庭菜園のススメ

特別コラム

家庭菜園のススメ 社会

野菜ソムリエプロ 市内在住・緒方湊さん

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook