中区・西区版 掲載号:2021年2月4日号 エリアトップへ

外国ルーツの10代が写真集 多文化共生の一助に

文化

掲載号:2021年2月4日号

  • LINE
  • hatena
編集委員の田口さん(左)と城間さん
編集委員の田口さん(左)と城間さん

 外国につながる子ども達が日常の風景などを撮影した写真を一冊にまとめた作品集の制作が大詰めを迎えている。10代の若者たちが自分自身と向き合い、自己肯定感を育成をするプロジェクトの発足5年を記念したもの。今年4月の発行を予定しており、現在、印刷費用の一部をインターネット経由で募っている。

 この写真集は、写真を通して社会的弱者を支援するボランティア団体「Picture This Japan」が手掛けるプロジェクトの一環。同団体の代表を務めるフォトジャーナリストの大藪順子さんが、外国につながる中高生が写真をツールとした表現活動を通して、自分自身と向き合い自己肯定感を育成できればと、「横浜インターナショナルユースフォトプロジェクト」を2016年に開始。夏の終わりから8回の写真ワークショップを行い、風景や人々を撮影し毎年1月に横浜税関前の象の鼻テラスで作品展を開いている。20年までの5年間に約60人の外国につながる10代の若者が参加。今回の写真集は、これまで作品展に展示した全124点を収めた。

 書名は『横浜(koko)―the views』、サイズは210mm四方のA4変形版。156頁のオールカラーで日本語・英語・中国語の三カ国語を並記。1冊3千円前後を想定している。

「みんな違う」を知って

 写真集の編集委員で同プロジェクト初年度の参加者である田口真梨乃さん(19)=中区在住=は、写真というツールはルーツに関係なく、相手を感動させられる力を持っているとして、「外国にルーツを持つ若者に写真集を知ってもらうことで、勇気をあげられたら」と語った。

 ペルーにルーツを持つ城間メリッサさん(19)=神奈川区在住=は「このプロジェクト(19年度)に参加して、『みんな違う』ということは、みんな同じなんだと分かった。世界が広がった」と話していた。

 制作にあたりデザイン費や印刷費として市国際局から80万円の助成を受けており、その他にインターネット経由で募金を2月末日まで募っている(目標90万円、1月末現在で約60万円)。詳細は同団体のWebサイト(https://picturethisjapan.square.site/)へ。

横濱ハイカラきもの館

卒業式袴レンタル→全部コミコミ11,990円!小物や靴、着付けも無料♪

https://www.shinnichiya.com/kimonokan

3月8日~15日シルクフェア

横浜スカーフなどの魅力を体験できるイベント多数。シルクセンターで入場無料。

http://www.yokohamascarf.com/

東京建物不動産販売横浜支店

一般住宅から事業用まで査定無料!すぐに現金化できる「直接買取」も好評です

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

地元産タチウオを給食に

間門小

地元産タチウオを給食に 教育

本牧の漁師が協力

2月25日号

リボン運動で人権啓発

本牧南小

リボン運動で人権啓発 教育

家庭・地域と結び深める

2月25日号

ソニーの教育論文で全国優秀賞

【Web限定記事】立野小学校

ソニーの教育論文で全国優秀賞 教育

主体性ある学びが評価

2月18日号

脱炭素化に向けた国際動画コンペで決戦投票へ

【Web限定記事】中区大和町放課後デイの学生チーム

脱炭素化に向けた国際動画コンペで決戦投票へ 社会

文字使わずイラストのみで啓発に挑戦

2月18日号

同世代の貧困を支援

立野の横国大附属小

同世代の貧困を支援 教育

手作り石けんの売上寄付

2月11日号

人を本に見立て相互理解

山手でウェブ交流会

人を本に見立て相互理解 社会

プロ手品師、思い語る

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月16日15:24更新

  • 2月11日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク