中区・西区版 掲載号:2021年2月4日号 エリアトップへ

外国ルーツの10代が写真集 多文化共生の一助に

文化

掲載号:2021年2月4日号

  • LINE
  • hatena
編集委員の田口さん(左)と城間さん
編集委員の田口さん(左)と城間さん

 外国につながる子ども達が日常の風景などを撮影した写真を一冊にまとめた作品集の制作が大詰めを迎えている。10代の若者たちが自分自身と向き合い、自己肯定感を育成をするプロジェクトの発足5年を記念したもの。今年4月の発行を予定しており、現在、印刷費用の一部をインターネット経由で募っている。

 この写真集は、写真を通して社会的弱者を支援するボランティア団体「Picture This Japan」が手掛けるプロジェクトの一環。同団体の代表を務めるフォトジャーナリストの大藪順子さんが、外国につながる中高生が写真をツールとした表現活動を通して、自分自身と向き合い自己肯定感を育成できればと、「横浜インターナショナルユースフォトプロジェクト」を2016年に開始。夏の終わりから8回の写真ワークショップを行い、風景や人々を撮影し毎年1月に横浜税関前の象の鼻テラスで作品展を開いている。20年までの5年間に約60人の外国につながる10代の若者が参加。今回の写真集は、これまで作品展に展示した全124点を収めた。

 書名は『横浜(koko)―the views』、サイズは210mm四方のA4変形版。156頁のオールカラーで日本語・英語・中国語の三カ国語を並記。1冊3千円前後を想定している。

「みんな違う」を知って

 写真集の編集委員で同プロジェクト初年度の参加者である田口真梨乃さん(19)=中区在住=は、写真というツールはルーツに関係なく、相手を感動させられる力を持っているとして、「外国にルーツを持つ若者に写真集を知ってもらうことで、勇気をあげられたら」と語った。

 ペルーにルーツを持つ城間メリッサさん(19)=神奈川区在住=は「このプロジェクト(19年度)に参加して、『みんな違う』ということは、みんな同じなんだと分かった。世界が広がった」と話していた。

 制作にあたりデザイン費や印刷費として市国際局から80万円の助成を受けており、その他にインターネット経由で募金を2月末日まで募っている(目標90万円、1月末現在で約60万円)。詳細は同団体のWebサイト(https://picturethisjapan.square.site/)へ。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

分かち合い大切に10年

中区翁町の相談室

分かち合い大切に10年 社会

依存症など当事者が対応

6月23日号

横浜海岸教会が150年

横浜海岸教会が150年 社会

地域に開かれた日曜礼拝

6月16日号

本牧で和食クッキング

米国外交官

本牧で和食クッキング 文化

家庭料理に舌鼓

6月16日号

絵本募りラオスへ

中区のNPO法人

絵本募りラオスへ 教育

子どもたちに読む機会を

6月9日号

デフ五輪で銀メダル

戸部本町の早瀨久美さん

デフ五輪で銀メダル スポーツ

西区長に報告

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook