中区・西区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

今年度150周年を迎えた山手公園の統括施設長を務める 石井 文雄さん 中区山手町在勤 64歳

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena

洋式公園 150年の自然愛す

 ○…横浜の居留外国人によって作られた山手公園。同園は日本で初めてテニスがプレーされ、国内で最初にヒマラヤスギが植えられるなど、さまざまな発祥の地として知られる。今年度開園150周年を迎え、それを記念し、桜の名所である同園に2本の桜の木を3月に植樹した。「歴史ある公園で働けていることに、改めて感慨深いものがある」と話す。

 ○…大学卒業後、30年ほど流通業に従事。6年前に早期退職し、同園を運営する横浜市緑の協会に入る。当初は駐車場の管理などを行っていたが、洋式公園の雰囲気に憧れを持っていたことから山手公園で勤務をするように。今では施設長として施設管理のほか、ハロウィーンやクリスマスなど季節のイベントの企画も行っている。コロナ禍でイベントはほぼ中止となっているが、テニスコートの稼働率が高いなどリフレッシュの場としての役割を果たしている。「自然豊かだからこそ、多くの人の憩いの地となっているのでは。市内では珍しく日本固有の植物も多いんです」と目を輝かせる。

 ○…千葉県千葉市生まれ。生家の裏が農業試験場だったことから、小さな頃は広大な敷地で走り回っていたという。そんな地元の魅力について「海や山の食べ物がとにかくおいしい」と笑顔。「小さな頃の体験が、自然豊かな山手公園で働くよう導いてくれたのかもしれません」

 ○…「公園とは金銭的価値には代えがたい自然などを提供するべき場所と考えています」と力強い。一方、開園当初から生育している植物も多く、植え替えなどの新陳代謝を図っていくという。「今後も自然豊かで愛される公園を目指し、日本全国に魅力を発信し続けていきたい」と意気込んだ。

中区・西区版の人物風土記最新6

額田 樹子さん

11月30日に開業30周年記念のオンライン式典を開催するパシフィコ横浜の社長

額田 樹子さん

西区みなとみらい在勤 62歳

11月25日号

田口 竜太郎さん

「ミナトノアート2021」の代表幹事を務める

田口 竜太郎さん

中区元町在住 44歳

11月18日号

飯島 俊明さん

独自の消防器具を考案した西消防署の副署長

飯島 俊明さん

西区戸部本町在勤 58歳

11月11日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月4日号

瀧脇 信さん

街に新たな交流拠点を創出する(一社)からこそBOXの代表理事を務める

瀧脇 信さん

横浜市出身 24歳

10月28日号

吉田 昌義さん

椅子張りの高い技術が評価されて「横浜マイスター」に選ばれた

吉田 昌義さん

保土ケ谷区在住 78歳

10月21日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook