中区・西区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

ガーデンネックレス、3月27日から 市政報告 花と緑を愛でる横浜に 自民党市会議員 松本 研

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は、花と緑を大切にする心を根付かせ育むために、公民連携により横浜の自然環境を育む「ガーデンシティ横浜」を推進しています。

 2017年に開催された「第33回全国都市緑化よこはまフェア」では、市内外から600万人を超える方々が市内の各会場を来場し、サクラ、チューリップ、バラなど春の花々で街と里山を彩った横浜の魅力を堪能していただきました。市では、この成果を一過性のイベントで終わらせないことが大切です。

 今年も新型コロナ感染対策を講じ「ガーデンシティ横浜」の一環で、多くの観光客が来訪する都心臨海部や緑豊かな里山の原風景を満喫できる郊外部を会場に「ガーデンネックレス横浜」が3月27日から6月13日まで開催されます。

 「みなとエリア」(山下公園・港の見える丘公園・日本大通り・横浜公園・新港中央公園など)では、サクラ(3月下旬〜4月中旬)、チューリップ(4月上旬〜4月中旬)、バラ(5月上旬〜5月下旬)、ユリ(5月中旬〜6月下旬)の見頃を。また、5月3日〜6月13日は横浜ローズウィークが開催されみなとエリアの他、横浜イングリッシュガーデンや八景島バラ園などで、横浜市の花「バラ」を楽しむことができます。「里山ガーデン」(よこはまズーラシア隣接地)では3月27日から5月9日まで、ウェルカムガーデンや市内最大級の1万平方メートルの大花壇で、市内産花苗のパンジー、ビオラのほかチューリップやネモフィラが観賞できます。

 新型コロナの感染状況により、内容の中止や変更の可能性がありますが、ご自宅でもお楽しみいただけるよう、ガーデンネックレス横浜・公式ユーチューブで見頃を迎える花の動画を配信する予定です。

国際園芸博覧会へ

 市では、全国都市緑化フェアの開催、ガーデンシティ横浜の推進など、緑の創造に取り組んでおり、2027年に旧上瀬谷通信施設跡地において花と緑をシンボルとした国際園芸博覧会の開催に向けて準備を進めています。これにより、基地跡地のまちづくりが進み、次世代に向けた持続的な環境の創出、新たな経済の活性化に貢献し、さらに世界の子ども達に感動を与え、友好と平和のメッセージの発信につながることを期待します。今後も緑の魅力の創造を推進していくために全力で取り組んでいきます。

ガーデンネックレス横浜で春の花々の魅力を
ガーデンネックレス横浜で春の花々の魅力を

松本研

横浜市中区宮川町2-44

TEL:045-261-2251

http://matsuken.hama1.jp/

中区・西区版の意見広告・議会報告最新6

減災・防災力の底上げを

横浜市の地震火災対策 市政報告

減災・防災力の底上げを

自民党市会議員 松本 研

4月22日号

市民生活をまもる!令和3年度予算を議決

市政リポート㊻

市民生活をまもる!令和3年度予算を議決

中区選出公明党市会議員 福島直子

4月1日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

アフターコロナに向けた道路網の整備を

アフターコロナに向けた道路網の整備を

自民党 神奈川県議会議員(西区)加藤 元弥

3月25日号

花と緑を愛でる横浜に

ガーデンネックレス、3月27日から 市政報告

花と緑を愛でる横浜に

自民党市会議員 松本 研

3月25日号

東日本大震災から10年今すべきは震災への備え

東日本大震災から10年今すべきは震災への備え

自民党 神奈川県議会議員(西区)加藤 元弥

3月11日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter