中区・西区版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

ウォーキングポイント 約10%がメタボ改善 市 昨年の利用状況発表

社会

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市はこのほど、健康づくりの一環として進める「よこはまウォーキングポイント」の昨年度の利用状況を発表した。いわゆるメタボリックシンドロームだった利用者のうち、約10%が参加後に改善したと答えるなど、一定の効果が見られたとしている。

 ウォーキングポイント事業は、18歳以上の横浜市民を対象に、健康づくりを推進するもので、2015年度からスタート。実際の歩数計と歩数計アプリの2種類で参加することができる。歩数によりポイントが貯まり、ポイントに応じ抽選で景品が当たる。

ロコモも20%

 市がまとめた利用状況報告書は、「参加者アンケート」と「歩数データ集計」から分析。アンケートは歩数計6千、アプリ5万4726の標本数から計6240の回答を得た。歩数データは歩数計が30万9607人、アプリが5万1807人分のデータを使用した。

 まとめによると、内臓脂肪型肥満をきっかけに脂質異常などをきたす「メタボリックシンドローム」が、参加後に改善したと答えた人は、4年連続で約10%を記録。運動器障害のために移動機能が低下した状態を指す「ロコモティブシンドローム」については、参加前は家の中でつまづいていたという人の約20%が、参加後に改善したと答えた。

 また、事業の参加をきっかけに、外出頻度が増えたと答えた人の割合は、3年連続で40%を超えた。

 参加者全体の一日平均歩数は、歩数計で7182歩、アプリで7573歩だった。

中区・西区版のローカルニュース最新6

鬼滅の刃の登場人物名乗り、中区役所へ3千円寄付

【Web限定記事】

鬼滅の刃の登場人物名乗り、中区役所へ3千円寄付 社会

匿名でパルスオキシメーターも

9月23日号

若者の接種、加速化へ

【Web限定記事】

若者の接種、加速化へ 社会

進む、新型コロナワクチン接種 横浜市、当初計画を前倒し

9月23日号

過去2年の成果を報告

【Web限定記事】横浜市まち普請事業

過去2年の成果を報告 社会

23日にライブ配信

9月23日号

全国から480作品

SDGs小論文

全国から480作品 社会

大賞全文を公開

9月23日号

松井大輔らが加入

Y.S.C.C.横浜

松井大輔らが加入 スポーツ

フットサルへ初の挑戦

9月23日号

五感で楽しむ展覧会

【Web限定記事】横浜駅直通のアソビル

五感で楽しむ展覧会 文化

人気番組「びじゅチューン!」の史上最大規模となるイベント

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook