中区・西区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

妻の介護記録一冊に 中区不老町在住・青木さん

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
『妻を看取る』を発行した青木さん
『妻を看取る』を発行した青木さん

 産業カウンセラーの養成やサラリーマンのキャリア開発、心の健康管理などをテーマに多数の著書を執筆する中区不老町在住の青木羊耳(本名・青木良郎)さんが5月7日、『妻を看取る 89歳の介護力』を文芸社から発行した。全207ページからなる単行本で、税込1650円。アマゾンや楽天ブックスなどで手に入る。

 著書では、筋委縮性側索硬化症(ALS)を患い84歳で亡くなった妻の8カ月間にわたる看病・介助・介護の記録が綴られている。

 妻の体調の異変に気付いたのは、滑舌が悪くなったためだ。原因を突き止めようと内科や耳鼻咽喉科、脳神経外科などを受診したが、手掛かりが得られなかった。

地域包括ケアを活用

 正しく発音ができないなど妻の症状が進行するなかで、リハビリによる症状改善を急ぎたかったが「介護認定を受けてから」と市内、県内のどの病院も断られてしまったという。そこで、介護認定を受けるため、地域包括支援センターを活用。著書には、介護認定を受けるまでの経験談が細かに記録されている。

自宅で看る

 検査入院を得て、妻がALSと診断されてから自宅で看る決断をした青木さん。著書では、病院や訪問診療、訪問介護との連携や地域包括ケアを活用しながら、自宅で介護するための体制づくりの過程を記している。

89歳の選択

 89歳での介護は、厳しい現実が待っていた。妻を抱き起こす力がなく、日常生活で転倒してしまう機会も増えた。つかまり柱の設置やレスパイト入院、息子や娘の協力など試行錯誤したことを振り返る。

 著書を完成させた青木さんは「無我夢中に過ごした妻との介護の記録を1冊にしました。自宅で介護する方たちの参考になれば嬉しいです」と話している。

中区・西区版のローカルニュース最新6

国際フード製菓で学園祭

横浜駅西口

国際フード製菓で学園祭 社会

「食べる門には福来る」

10月28日号

発祥のドリア販売

ニューグランド

発祥のドリア販売 社会

読者3人にプレゼント

10月28日号

バウムクーヘンで「犯罪ゼロ」

認知症サポーターを養成

中区

認知症サポーターを養成 社会

11月25、29日

10月28日号

「安心の街」横断幕を寄贈

イセザキモール1・2St.

「安心の街」横断幕を寄贈 社会

10月28日号

子育ては夢のある営み

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook