中区・西区版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 折り紙が持つ可能性に挑戦 横浜市中区千代崎町在住 加賀山七菜さん

教育

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena
子どもたちと作った折り紙を持つ加賀山さん
子どもたちと作った折り紙を持つ加賀山さん

 仲尾台中学校出身で横浜市中区千代崎町在住の加賀山七菜さん(17歳、横須賀学院高校3年)が自身の発案で、遠く離れた鹿児島県東串良町の子どもたちと折り紙を通じたある取り組みに挑戦した。

 加賀山さんは父親の仕事の都合で幼少期にヨーロッパ諸国を転々とし、言語の壁にぶつかった。その際、折り紙を使うことで国の垣根を越えてコミュニケーションを取れた経験がある。その経験を基に昨年、学校課題であったJICA主催の「国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト」に「ORIGAMI」が持つ可能性について作文を応募し、国際協力特別賞を受賞した。また、鹿児島県本土で一番小さな町、東串良町に住むための政策提案と活動をする企画「第2回東串良町SUMOU!!チャレンジ」にも学校課題をきっかけに挑戦。その2つの縁を繋ぎ合わせ、東串良町の子どもたちと折り紙を通じた交流を自ら提案・企画し、現地の市民らと協力して実現にこぎつけた。

 コロナ禍で神奈川県が緊急事態宣言下にあった8月24日、モニターを通してオンラインで開催。児童クラブの小学生たちに折り紙の折り方や自分が感じた可能性、魅力を伝えた。子どもたちも真剣に取り組み、挑戦は成功で幕を閉じた。

 自身でイベントを企画するのも今回が初体験だったという加賀山さん。「子どもたちも私もお互いに背景を知らない状況で、モニターを通しての取り組みだったので不安もあったが無事終えられ、自信が持てた。折り紙という物作りを通じて言葉を使わない『ノンバーバルコミュニケーション』が成立するのでは、という幼いころからの疑問が確信に変わった」と笑顔で語った。今後は受験で進学した後、「新たな地域活動やフィールドワークにも挑戦していきたい」と話した。

メッセージを書き込んだハート型の折り紙
メッセージを書き込んだハート型の折り紙
モニター越しで遠く離れた子どもたちと心を通じ合わせられた
モニター越しで遠く離れた子どもたちと心を通じ合わせられた

中区・西区版のローカルニュース最新6

野毛の老舗で「地域寄席」

野毛の老舗で「地域寄席」 文化

村田家会場に初開催

1月27日号

ハマの「開拓者」紹介

ハマの「開拓者」紹介 社会

季刊誌「横濱」で特集

1月27日号

3回目接種 さらに前倒し

3回目接種 さらに前倒し 社会

市、28日から接種券発送

1月27日号

横浜スカーフ大使募集

横浜スカーフ大使募集 文化

魅力を県内外にPR

1月27日号

劇団四季初のコンサート

劇団四季初のコンサート 文化

2月8日から横浜公演

1月27日号

馬の「モノ・コト」一堂に

馬の「モノ・コト」一堂に 社会

27日から 赤レンガでイベント

1月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

馬の「モノ・コト」一堂に

馬の「モノ・コト」一堂に

27日から 赤レンガでイベント

1月27日~1月30日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook