中区・西区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

市政報告 市民の生きがいや幸せに全力で

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 コロナ禍によって失われた日常を徐々に取り戻すために、横浜市が市民の生きがいや幸せを支える多様な施策を展開できるよう本年も全力で取り組んで参ります。

高校生等は支給申請が必要

 「子育て世帯への臨時特別給付金」は、まず昨年末に9月分の児童手当支給対象児童への10万円が支給されました。今月からは、昨年9月以降に生まれたお子様への支給が始まります。この給付金は今年の3月31日生まれのお子様までが対象。児童手当の申請を行うと自動的に給付金の手続きも完了します。しかし、高校生等は申請が必要で、3月に生まれるお子様の申請方法も、国の方針に基づき横浜市のホームページ等で示されることとなっています。

全員喫食の中学校給食へ

 現在、デリバリー方式のお弁当が中学校給食として展開されていますが、生徒と先生合わせて30%にしか提供できない状態です。学校給食法の理念に照らせば、市が責任をもって生徒全員に提供できる給食体制を整えるべきと考えています。共働きが増え、賃金もなかなか上がらない現在の日本において、食べ盛りの中学生全員に提供できる「全員喫食」の中学校給食の実現は大変重要であり、市が一日も早く実施できるよう後押しして参ります。

インクルーシブスポーツの普及

 コロナ禍でスポーツの機会も失われがちですが、日常動作の維持・確保のために、スポーツはとても効果的であり、障がい者スポーツの普及とともに、お子様から高齢者まで、障がいの有無や性別に関わらず気軽に楽しめる「インクルーシブスポーツ」を興していくことはとても大切です。

 市はスポーツ基本法に基づく第3期スポーツ推進計画を策定中。この素案に同スポーツ推進が盛り込まれており、スポーツが苦手でも参加しやすい機会が地域で増えるよう取り組んで参ります。

持続可能な福祉を

 介護・保育・障がい者支援等の福祉現場では長く働いても賃金が上昇しないなどの状況があり、若者が就職しても将来設計が描けないなど、福祉人材の確保は今も厳しいままです。

 働いた年数によって昇給する等の賃金モデルを市が示し、そのモデル賃金を採用する施設を積極的に支援するなどの横浜独自の福祉人材確保の取り組みを進めるよう会派として来年度予算に向け要望しています。

 賃金収入は生活の根本であり社会の基礎。この基礎を安定的に維持し持続可能な福祉を横浜市が育成できるよう、議会で提案を続けて参ります。

おぎわら 隆宏

横浜市西区藤棚町1-100

FAX:045-334-7213

http://www.ogiwara-takahiro.com/

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版の意見広告・議会報告最新6

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

市内経済を支え、市民の安全守る「横浜港」

市政報告

市内経済を支え、市民の安全守る「横浜港」

自民党市会議員 松本 研

4月7日号

民主主義に基づく弛(たゆ)まない市政を

進化する中学校給食

公明党横浜市議団市政報告

進化する中学校給食

3月31日号

健康・福祉も平和あればこそ

市政リポート㊿

健康・福祉も平和あればこそ

中区選出公明党市会議員 福島直子

3月24日号

「小児ワクチン接種が始まりました」

市政報告

「小児ワクチン接種が始まりました」

自民党市会議員 松本 研

3月17日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook