中区・西区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

横浜中華街 路上看板などに注意喚起 市と県警察が合同巡回

社会

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena
看板設置について説明する市職員
看板設置について説明する市職員

 横浜中華街で1月18日、横浜市と県警察による路上看板などの合同啓発指導が行われた。

 この取り組みは、春節前の1月中旬から下旬と夏休み前に毎年実施されている。都市整備局や中区役所、中土木事務所、中消防署などの横浜市の関係各部局と県警察本部、加賀町警察署が合同で中華街エリアをパトロール。店舗前の歩道や車道に設置された看板の撤去や、ごみの不適正な出し方などの改善指導などが行われた。

 歩道や車道など、公道への看板設置は不法占用となり、歩道幅員が狭められることによる歩行困難化や、歩行者の転倒事故の要因になるなど、危険性が指摘されている。

署名で記録残す

 公道に看板を出している店舗には、市職員らが声掛けをし、日本語と中国語で禁止事項を明記したチラシを配布。内容を確認した上で、店主や従業員から署名をもらっていた。しかし、歩道に出していた看板を一度店の敷地内に収めたものの、巡回が終わると再び看板を出す店舗もあり、巡回する職員らが再度、注意喚起する場面もあった。

 都市整備局都心再生課によると「署名をいただき、記録を残すことで啓発につながる。看板の不法占用について、だいぶ理解が進んだのでは」と話す。

 この合同啓発指導のほかに、中華街で飲食店や物販店などを営む事業者らからなる横浜中華街発展会協同組合も、定期的にパトロールを行っている。発展会の職員は「車が通る道に看板がたくさん出ているところもあり危ない。これからも引き続き理解を得られるよう呼び掛けていきたい」と話していた。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

小学生に「本物の音楽」を

横浜中RC

小学生に「本物の音楽」を 社会

約1000人を招待

6月23日号

地域団体や企業へ知見を

遊び場づくりのNPO法人

地域団体や企業へ知見を 社会

つながり創出や社会貢献に

6月23日号

プラゴミ削減、体験で啓発

JR横浜タワー

プラゴミ削減、体験で啓発 社会

西区と企業団体が連携

6月23日号

日本対仏をライブ観戦

ラグビー男子

日本対仏をライブ観戦 スポーツ

7月2日 中区会場で

6月23日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

シェアサイクル拡大へ

シェアサイクル拡大へ 社会

市、7月から7区で実験

6月23日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook