中区・西区版 掲載号:2022年6月16日号 エリアトップへ

山手234番館できょう6月16日から絵画展を開く 池田 明子さん 都筑区在住 62歳

掲載号:2022年6月16日号

  • LINE
  • hatena

絵をもっと身近なものに

 ○…豊かな色彩で描かれる季節の花や生き物、人物―。どこかクラシカルな雰囲気が漂うその絵は、個展会場の横浜山手西洋館とマッチする。コロナの影響で約3年ぶり15回目の個展。横浜での初開催に向けて「緑の丘に洋館が並ぶ素敵な場所。多くの方々に訪れてもらえたら」と話す。

 ○…幼い頃からバービー人形が好き。フリルやレース、刺繍など可愛らしく綺麗でメルヘンなものに心惹かれ「お人形の絵はよく描いた」。洋服や着物、ドレス、装飾品、アンティーク…好きなものの話は尽きず「その”好き”が作品につまっている」。

 ○…東京都大田区出身。短大卒業後に上場企業に就職したが約1年後、興味のあったデザインの道へ。夜間専門学校に通い始め、都内のデザイン事務所でグラフィックを学んだり、建物の完成図を立体的に再現するパースライターなどの仕事に就いた。27歳の時に結婚し、3人の子どもに恵まれた。子育て中も絵を描き続け、通信制の学校で学び、ある時イラストコンテストで入賞。次第に雑誌の挿絵などイラストの仕事が入ってくるようになり、都内で個展も開くようになった。「続けられたのは家族の理解があったおかげ」と振り返る。

 ○…コロナ禍でハマった韓流ドラマ。視聴中気になるのは、自宅のシーンで壁に飾ってある絵画。海外は絵が日常に溶け込んでいるが、日本は敷居を高く感じる人が少なくない。「絵は身近なもの。眺めたり飾ったりすると心が少し豊かになるはず」。普及のため3年程前に越してきた都筑区の住まいで絵画教室を開いたり、自身のステップアップも追求。「絵の価値を上げていくことが、お客様への恩返しになると思っている」とほほ笑んだ。

中区・西区版の人物風土記最新6

冨村 日花さん

第7回全世界ウエイト制空手道選手権大会の日本代表に選ばれた

冨村 日花さん

西区境之谷在住 18歳

6月30日号

西田 俊章さん

科学教室「MOANAVI」を西区平沼に開いた

西田 俊章さん

西区戸部在住 40歳

6月23日号

池田 明子さん

山手234番館できょう6月16日から絵画展を開く

池田 明子さん

都筑区在住 62歳

6月16日号

相馬 淳子さん

国際協力NPO「地球の木」のラオス図書チーム長を務める

相馬 淳子さん

金沢区在住 53歳

6月9日号

渡辺 健弥さん

西区平沼に「横浜やんけ将棋道場」を開いた

渡辺 健弥さん

川崎市在住 52歳

6月2日号

三上 碧衣(あおい)さん

プロバスケチーム「横浜エクセレンス」のチアダンスアカデミーで講師を務める

三上 碧衣(あおい)さん

西区在住 26歳

5月26日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook