中区・西区版

横浜MMホール

中学生スタッフが始動

5月5日の本番に向け

掲載号:2021年4月8日号

(PR)

メディア対応を話し合う中学生プロデューサーら

 横浜みなとみらいホールの人気企画「こどもの日コンサート」開催に向け、中学生プロデューサーが活動を開始した。

 公募に手を挙げたのは市内外の中学生43人。3月27日には1回目のミーティングが開かれ、情報発信やプログラム作成などの担当者決めが行われた。

 参加者は音楽好きというだけでなく、広報やマネジメントに関心のある人まで様々。メディア対応などを担う広報班の一人は「大人も楽しめる公演にしたい」と話した。また、チケット販売についても「ポスターやチラシを配って、販売促進に力を入れたい」と興行成功も視野に入れていた。

紅葉坂で公演

 今年は、MMホールが改修で休館中のため、西区紅葉ケ丘の県立青少年センター紅葉坂ホールで5月5日に開催される。

 曲目は米津玄師の『パプリカ』や『アフリカン・シンフォニー』、また中学生の選曲作品なども披露される。演奏は神奈川フィルハーモニー管弦楽団が務める。

 問い合わせやチケット購入は同ホール仮事務所チケットセンター【電話】045・682・2000。

横浜みなとみらいホール

横浜市西区みなとみらい4-3-1PLOT48

TEL:045-682-2000

https://mmh.yafjp.org/mmh/recommend/2021/05/2021-2.php

中区・西区版のピックアップ(PR)3件