中区・西区版エリアトップへ

8月に原三溪を描いた小説『横濱王』を上梓した永井 紗耶子さん市内在住

掲載号:2015年9月3日号

  • googleplus
  • LINE

三溪の魅力、小説に

 ○…日本を代表する庭園「三溪園」の生みの親で”生糸王”と呼ばれた実業家の原三溪。長けたのは経営手腕だけでなく、茶や日本画、漢詩など文化芸術への造詣も人一倍だった。「いったい何者だろう」。探究心を刺激されるこの大物に、小説というかたちで光をあてた。

 〇…資料集めから取材、執筆まで約2年の歳月をかけた。物語では、青年実業家が三溪から出資を得ようと画策するも、次第に三溪の人間としての大きさに魅かれていく。「関東大震災では私財をなげうって被災者を救済するなど、この人こそ『無私の人』だ」と話しに熱が入る。「立派な人だということは誰もが知っているけれど、その実、ちゃんと知らない。この小説が横浜の偉人、三溪を知るきっかけになれば」と期待する。

 〇…生まれも育ちも横浜。慶應義塾大学文学部を卒業後、新聞社の記者を経てフリーランスのライターに。ビジネス雑誌などで記事を書いてきた。「年間100人くらいの社長さんを取材しました。人生哲学を持った人、お金のことだけを考えている人、色々でしたね」と振り返る。2008年のリーマンショック以降、「時間に余裕ができたので、せっかくだから」と好きな時代小説に挑戦。10年には江戸吉原を舞台にした『恋の手本となりにけり』で小学館文庫小説賞を受賞し刊行デビュー。以後も時代ものを中心に手がけている。

 〇…「元町のチャーミングセールは必ず行きます。ガイドブックがつくれるくらい横浜好き」とはにかむ。真っ白な大型犬、グレートピレニーズの「ルーファス」との散歩が日課。横浜美術協会主催の「ハマ展」に応募するなど日本画は趣味の一つだ。今、関心を持っているのは「開港間もないころ」と次作にも思いをめぐらす。今回上梓した『横濱王』、「震災復興後の華やかな国際都市、横浜が舞台。横浜をもっと好きになれると思います」と、自作の紹介に顔を赤らめた。
 

  • googleplus
  • LINE

中区・西区版の人物風土記最新3件

  • 小松崎 啓子さん

    浅間台小学校で育つ夏みかんを使い、児童とのマーマレード作りを20年続ける

    小松崎 啓子さん

    西区浅間町在住 67歳

    2月15日号

  • 藤田 善宏さん

    関内ホール自主公演『ライトな兄弟』の作・演出・振付で文化庁芸術祭新人賞を受賞した

    藤田 善宏さん

    東京都在住

    2月8日号

  • 栗原 清剛さん

    浅間台小で行う環境学習が文部科学省から表彰された、(有)マルニ商店常務の

    栗原 清剛さん

    西区浅間町在住 45歳

    2月1日号

桜木町駅前ホテル内のスイミング

ベビーから大人まで無料体験実施中!

http://www.breezbay-fit.co.jp

確定申告の季節です。

青色申告のことならなんでもお気軽に

http://www.yokohamaaoiro.com/

<PR>

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>