中区・西区版エリアトップへ

3団揃って定員達成中区3消防団

社会

掲載号:2018年3月8日号

  • googleplus
  • LINE
伊勢佐木、加賀町、山手の各消防団長(中央)と、加入増へ尽力した中消防の署員たち(前列左端は林久人中消防署長)
伊勢佐木、加賀町、山手の各消防団長(中央)と、加入増へ尽力した中消防の署員たち(前列左端は林久人中消防署長)

 災害時に各地域で対応にあたる中消防署管内の3消防団(伊勢佐木、加賀町、山手)の定員に対する充足率が、3月1日付で3団ともに100%を達成した。

 消火活動や市民への防災指導を担う消防団。市内には合計20団あるが、充足率が100%なのはその半分。中でも中区内の3団は2016年時点で80%(伊勢佐木)など、団員不足が長年の課題となっていた。

 これまでは地縁に頼った参加を呼び掛けていたが、12年の70歳定年制導入もあり減少傾向に拍車がかかった。そこで3団では中消防署と共に、地域の企業に協力を呼びかけるよう方針転換。地域貢献を掲げる企業などに団員と署員が事業所を訪問し、協力数を増やしていった。

 その結果、16・17年の2年間だけで横浜市認定の消防団協力事業所に区内10事業所・88人が登録。各団とも団員の約4分の1が事業所からとなり、定員数達成の原動力となった。

 「団員、署員が意識を変えて取り組んだ結果が実を結んだ」と林久人署長。いち早く100%を達成した加賀町の高畠一義団長は「企業の方たちが入ってくれたことで、地域としても新しい広がりを作ることができた」と話した。

 なお西区の西消防団も6年ほど前から充足率100%を継続。3月1日現在で232人が加入している。

  • googleplus
  • LINE

中区・西区版のローカルニュース最新3件

9/28家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>