南区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

横浜マラソン 来年3月開催が決定 コースに首都高も

スポーツ

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena
横浜マラソンのコース案(組織委員会の資料から)
横浜マラソンのコース案(組織委員会の資料から)

 初開催となる「横浜マラソン2015」の概要が3月18日、明らかになった。

 開催日は来年3月15日。フルマラソン(42・195Km)と10Km、車いすの3種目を予定する。フルマラソンのコースは、みなとみらい大橋をスタートし、臨海部沿いに南下、市中央卸売市場南部市場で折り返す。復路は杉田から本牧ふ頭まで、首都高速道路を約10Km走る。ゴールはメーン会場のパシフィコ横浜。制限時間は6時間30分。

 市、県、市体育協会などからなる組織委員会では、全種目で約2万5千人の参加人員を想定している(申し込み多数の場合は抽選)。

 18日の記者会見には組織委名誉顧問の黒岩祐治県知事や名誉会長の林文子市長らが出席。各種の全国大会を手がけ、24時間テレビで芸能人ランナーを指導していることでも知られる大会プロデューサーの坂本雄次さんは「市民ランナーにとっての走りやすさがポイント」とコースを説明した。

70億円の効果見込む

 参加料など申込詳細は6月に発表。組織委は事業費7億円の10倍近い70億円規模の経済効果を見込む。

 フルマラソンの開催発表を受け、県内最大規模のランニング愛好家団体「横浜中央走友会」と「南区走友会協会」の会長を務める武田功大さんは「期待している人が多かったので、とても楽しみ」と話した。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

大学生が情報誌

横浜橋通商店街

大学生が情報誌 経済

対面販売の魅力伝える

6月10日号

食糧提供で住民支援

食糧提供で住民支援 社会

南区企業が一役

6月10日号

エコバッグで脱プラを

エコバッグで脱プラを 社会

南永田団地、小学生と制作

6月10日号

介護施設の違い解説

介護施設の違い解説 社会

南センターが講座企画

6月10日号

夏の高校野球対戦相手決定

夏の高校野球対戦相手決定 スポーツ

南区から3校

6月10日号

自筆遺言 書き方学ぶ

自筆遺言 書き方学ぶ 社会

区講座の参加者募集

6月10日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日16:39更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter