南区版 掲載号:2014年7月3日号 エリアトップへ

市民のリレーで人命救助 南消防署が感謝状意識不明者に応急手当て

社会

掲載号:2014年7月3日号

  • LINE
  • hatena
牧島署長(左端)から感謝状を受け取る(右から)小川さん、山口さん、高松さん
牧島署長(左端)から感謝状を受け取る(右から)小川さん、山口さん、高松さん

 路上で倒れている人を発見し、応急手当てをした市民に対し、6月24日、南消防署(牧島敬行署長)が感謝状を贈った。

 この日、感謝状が贈られたのは、スポーツ用品店勤務の渡邊麻紀さん、泉区役所勤務の山口泰志さん、南警察署八幡町交番の小川拓人さんの3人。5月14日の午後7時48分ごろ、宮元町の路上でうつ伏せに倒れている男性を帰宅途中の渡邊さんが発見した。意識がなかったため、近くを通った山口さんと協力して、仰向けにして気道を確保し、119番通報。さらに、通りかかった看護師の女性が脈がないのを確認し、バイクで警ら中だった小川さんと交代で心臓マッサージを行ったところ、体が動き、意識が戻った。直後に救急隊が到着し、引き継いだ。

 感謝状贈呈式に渡邊さんに代わって出席した母の高松清美さんは「娘は私の勧めで家庭防災員になり、応急手当ての研修も受けていたので、それを生かせた」という。山口さんは「渡邊さんから声をかけられたので、早く対応できた」と振り返る。小川さんは「訓練していたことが役立った」と冷静に対応できたことを評価した。

 市民が連携し、119番通報から迅速に応急手当てをして人命が救われたことに牧島署長は「勇気を出して、面識のない4人が救命リレーを行ったことを嬉しく思う。消防署が行う研修などの成果もあったのでは」と語った。看護師の女性にも後日、感謝状が贈られる。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

南区の感染者1週間で36人

南区の感染者1週間で36人 社会

減少続く

2月25日号

あったか みなみ

自治会・町内会活動紹介

あったか みなみ 社会

連載第8回

2月25日号

別所中里台の伊藤さん個展

ろう者知る映画上映

ろう者知る映画上映 文化

市聴覚障害者協会が28日

2月25日号

南区 犯罪発生状況

【Web限定記事】

南区 犯罪発生状況 社会

2月25日号

市営地下鉄弘明寺駅に特殊詐欺への注意を呼び掛けるポスター 横浜総合高校の生徒が制作

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日20:24更新

  • あっとほーむデスク

    2月23日16:42更新

  • 2月16日15:03更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク