南区版 掲載号:2014年7月3日号 エリアトップへ

横浜市 がけ崩れ対策に新補助案 民有地・小規模工事が対象

社会

掲載号:2014年7月3日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は台風や豪雨、地震などによる「がけ崩れ」に備えようと、民有地の防災対策工事に新たな費用補助を検討している。大掛かりな擁壁工事だけではなく、小規模工事にも対象を拡大し、防災を促したい考えだ。市によると、民有地の小規模工事への補助制度は全国で初めてだという。

全国初、来年度から

 横浜市は利用者の費用負担を減らし、地域全体の減災を進めるために、平均施工費が約800万円と高額な擁壁工事だけではなく、小規模工事にも費用補助を拡充する方向で検討に乗り出した。新制度は、がけの土砂流出・落石を防ぐ金属ネットの設置工事や地盤沈下防止の配水管整備など、安全かつ安価な工法で減災につなげたい考えだ。

個人負担減らす

 擁壁工事を行う建設関係者によると、一般的な戸建(約99平方メートル〜132平方メートル)で金属ネットの設置が約350万円、配水管整備は200万円程度で工事が可能になる場合もあるという。同様の工事に補助金を支給し、個人負担を減らす狙いだ。

専門家が手順書

 小規模工事を行うためには、がけ地の地盤調査や危険度の判定が必要。地盤工学や砂防学の有識者からなる「造成宅地等災害防止対策検討委員会」が評価マニュアルを作成する。同委員会は今後、秋ごろと年明けに会合を行い、がけ地の総合対策事業について具体的な内容を決定する方針だ。

 市は今年度予算に約500万円の調査費を計上。来年度からの運用を目指すとしている。市建築局建築防災課の担当者は「丘陵地の多い横浜では防災対策が必要。市民が利用しやすい補助制度を早急に運用したい」と話す。

警戒区域は2千カ所

 市内全域で2431カ所(2013年8月時点)が、がけ崩れなどの恐れがある「土砂災害警戒区域」に指定されている。南区内は161カ所だが、この数年でも大雨の際に急傾斜地が多い堀ノ内町や大岡でがけ崩れが発生している。

 市はがけ崩れによる被害を防止するため、年2回、梅雨の時期や台風シーズン前に宅地の防災パトロールを実施している。

 危険箇所について、市は現行の「がけ地防災対策工事助成金事業」を紹介し、改善指導を促している。既存制度は擁壁工事に限り費用の3分の1を補助するもの。しかし、1000万円以上かかるケースもあり、現行の制度では個人の負担額が大きいのが実情だった。2014年度(6月24日付)の申請は2件と伸び悩んでいる。

 新制度の導入について市の担当者は「危険とわかっていても(擁壁工事は)金額が高く断念する人もいる。個人の費用負担を減らし、防災につなげられれば」と期待を込める。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

集団・個別を各自選択

ワクチン接種

集団・個別を各自選択 社会

市、3月下旬から通知開始

2月25日号

地域の魅力 相次ぎ発信

六つ川小

地域の魅力 相次ぎ発信 教育

絵本制作や樹名板作り

2月25日号

菅首相の出身地 秋田・湯沢の犬人形を横浜橋通商店街で配布

【Web限定記事】

菅首相の出身地 秋田・湯沢の犬人形を横浜橋通商店街で配布 社会

「犬っこ」 交流で物産展も視野

2月18日号

横浜市特定検診 コロナで受診率低迷

【Web限定記事】

横浜市特定検診 コロナで受診率低迷 社会

対象49万人、前年度下回る水準

2月18日号

教育論文で全国優秀賞

井土ケ谷小学校

教育論文で全国優秀賞 教育

理科で児童の主体性育む

2月11日号

一般会計 初の2兆円台に

横浜市予算案

一般会計 初の2兆円台に 政治

21年度、コロナ対応で膨張

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月23日16:42更新

  • 2月16日15:03更新

  • あっとほーむデスク

    2月13日18:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク