南区版 掲載号:2015年9月3日号 エリアトップへ

蒔田小 日赤教材で防災授業 県内初、全児童一斉に

教育

掲載号:2015年9月3日号

  • LINE
  • hatena
教諭から災害時に取るべき行動を学ぶ児童
教諭から災害時に取るべき行動を学ぶ児童

 市立蒔田小学校(保科泉校長・児童数425人)で8月28日、日本赤十字社が推進する防災プログラムを用いた災害への対応などを考える防災指導が全クラスで実施された。全校児童を対象に同プログラムを使って一斉に防災授業を行ったのは県内で同校が初めて。同校は授業をきっかけに、児童の防災意識と自助力の向上につなげようとしている。

 同校は9月1日の「防災の日」を前に、児童が将来起こりうる地震などの大規模災害について正しい知識を持ち、危険から身を守る「自助力」の向上を図ろうと考えた。保科校長は、県青少年赤十字指導者協議会で会長を務めており、防災教材には1月に日本赤十字社が発行した「まもるいのち ひろめるぼうさい」を活用。それぞれの担任教諭が指導し、全14クラスが一斉に防災授業を実施した。

 3年生は、日常生活で考えられる自然災害にどのようなものがあるのかを発表した後、教材のDVDを見ながら災害による被害の悲惨さを学んだ。また、自宅、学校、電車などで地震などが起きた際、それぞれの場所で自分たちがどのような行動を取るべきかを話し合った。ある男子児童からは、「バスに乗っていた場合は手すりのある場所に移動し、大人の指示を待って落ち着いて行動したい」という意見も出た。

 授業を見学した日本赤十字社神奈川県支部の古島崇裕さんは、「小学生が積極的に意見を出してくれた。日常から『考える練習』をしてもらいたい」と話した。

家庭と一体で意識向上

 保科校長は、「今回の防災授業で児童が自助力を高めるきっかけになれば」と期待する。今後はPTA役員会などでも防災意識向上を呼びかけていき、学校・家庭が一体となり、総合的な自助力の向上につなげたいという。

 県青少年赤十字加盟校の同校は、今年4月に発生したネパール地震での被災地の現状を児童が学んで募金を呼びかけ、7月に約1万5千円の義援金を赤十字社に寄付。災害への関心を深める取り組みを進めている。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

酒米食べてロス削減

中学校給食

酒米食べてロス削減 教育

生徒、地産地消を体感

10月21日号

65歳以上の約9割完了

ワクチン接種

65歳以上の約9割完了 社会

会場縮小へ、3回目計画も

10月21日号

小児がん家族の支援拡大

こども医療センター

小児がん家族の支援拡大 社会

医師らの善意団体奮闘

10月14日号

プレミアム商品券を販売

弘明寺横浜橋通

プレミアム商品券を販売 経済

両商店街が16日に

10月14日号

サーフィン全国大会へ

永田東竹花さん

サーフィン全国大会へ スポーツ

難聴に負けず、9日決戦

10月7日号

大通り公園清掃で連携

横浜橋通商店街

大通り公園清掃で連携 コミュニティ社会

愛護会初企画に参加

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月22日17:24更新

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook