南区版 掲載号:2015年9月10日号 エリアトップへ

振り込め詐欺が県内最多 南署、被害減少へ緊急対策

社会

掲載号:2015年9月10日号

  • LINE
  • hatena
啓発チラシを持ち被害撲滅を訴える南警察署員
啓発チラシを持ち被害撲滅を訴える南警察署員

 南警察署管内で今年1月から8月末までに発生した振り込め詐欺の被害件数が25件で県内最多であることが分かった。南署は「南区民が狙われている」と記した啓発チラシを作成。地域組織・団体と連携した独自の被害防止策を進め、区民に警戒を促している。

25件、7千万円

 今年8月31日までに南署管内で発生した振り込め詐欺は26件(未遂1件含む)で、昨年同時期(29件)より3件減少したものの、未遂を除いた被害件数25件は県内最多となった。

 被害総額は約7100万円で、昨年1年間の被害総額8600万円に迫る勢いで増え続けており、平均被害額は約280万円。被害額が大きくなっており、1件の最大被害額は1千万円に及ぶ。

 詐欺被害のうち、息子や孫を装うオレオレ詐欺が20件と最多で、すべてが現金の「手渡し」による被害。「金が入ったかばんを置き忘れてしまった」などの口実で代理人を送り、現金を奪っていく手口が多い。

 南区で被害が増える理由について、南署生活安全課は被害に遭いやすい60歳以上の人が多く居住することをあげており「(犯人から)集中的に狙われている可能性がある」と指摘する。

薬局と連携

 南署は「県内最多」の緊急事態に独自対策を強めている。8月下旬からは緊急特殊詐欺対策として、「南区民が狙われている」と区内で被害が頻発していることを記した啓発チラシを作成。人が多く集まる商店街や交差点、駅などで署員らが配布を始めたほか、被害が多い地区ではポスティングを行っている。

 また、区内約70の調剤薬局に協力を呼びかけ、薬を手渡す際にチラシ配布と注意喚起を依頼。南区薬剤師会の川田哲会長は「(犯人は)医療費の支払いを要求することもある。薬局は高齢の方の利用が多いので協力できたら」と窓口での呼びかけを強化したいという。

”撃退電話”設置サービス

 同課は、犯行はいずれも犯人からの電話で始まることなどから、電話の相手に会話が録音されていることを知らせる機能が付いた”撃退電話”の導入を強く訴えている。今夏には、南防犯協会が撃退電話の設置・登録法などを説明する無償サービスを始めた。同課は、「『私はだまされない』と思わず、自分や家族が被害に遭う可能性があると常に思ってほしい」とし、今後も地域団体・組織との連携を強めながら、被害防止に向けた対策を強化し、警戒を促していく。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

酒米食べてロス削減

中学校給食

酒米食べてロス削減 教育

生徒、地産地消を体感

10月21日号

65歳以上の約9割完了

ワクチン接種

65歳以上の約9割完了 社会

会場縮小へ、3回目計画も

10月21日号

小児がん家族の支援拡大

こども医療センター

小児がん家族の支援拡大 社会

医師らの善意団体奮闘

10月14日号

プレミアム商品券を販売

弘明寺横浜橋通

プレミアム商品券を販売 経済

両商店街が16日に

10月14日号

サーフィン全国大会へ

永田東竹花さん

サーフィン全国大会へ スポーツ

難聴に負けず、9日決戦

10月7日号

大通り公園清掃で連携

横浜橋通商店街

大通り公園清掃で連携 コミュニティ社会

愛護会初企画に参加

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月22日17:24更新

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook