南区版 掲載号:2015年9月10日号 エリアトップへ

印章彫刻士として「横浜マイスター」に選ばれた 國峯 伸之さん 大岡在住 47歳

掲載号:2015年9月10日号

  • LINE
  • hatena

父の座を追いかけて

 〇…熟練した技能が認められ、「マイスター」の称号を得た。今年度選ばれたほかの4人は60、70歳代。「年齢は若いが、積んできた実績、自分の仕事には自信がある」と言い切る。1996年に選ばれた父・正美さんに続く初の”親子マイスター”だ。「父から教わったことを終わらせてはいけない。多くの人に伝えたい」。2012年に他界した師匠の技術をつなぐ決心だ。

 〇…父がはんこを彫る姿を見て「モノを作り出す感じが伝わってきた」と中学生のころに家業を継ぐ決意を固めた。Y校卒業後に修業開始。仕事を見て盗む職人の世界で父の手元を食い入るように見続けた。「いつも悩まずに彫っていた。あれだけ早く、丁寧に彫り上げる人はいない」と今でも驚く。97年に全国の職人が集まる大会のゴム印彫刻部門で優勝するなど、実力を発揮。次第に父に認められ、仕事の一部を任されるようになり、二人三脚で仕事を進めるようになっていた。

 〇…父が3年前に亡くなり、常連客が離れるのではと不安になった。しかし、「マイスターの息子だから、あなたに頼むよ」と仕事は途切れなかった。最近は、はんこの文字線が父の作品のような穏やかなパターンに魅力を感じてきたという。依頼者と丹念に打ち合わせ、性格なども加味して彫る。「一度字を書いて2、3日寝かしてもう一度見ると、また違うアイデアが浮かぶ」と常に最善を尽くそうと試行錯誤を重ねている。

 〇…3人娘の父親。「長女はサービス業に興味があって」とモノ作りとは違うことへの関心に苦笑い。店に並ぶ商品は決して安くない。「手間をかけていい仕事をしようとしている。値段以上の価値を感じてもらいたい」。父が店内で作業時に座っていた席はこの3年間、そのままにしてある。「マイスターになったので、もう座って良いかな」。肩書きだけではなく、実力で父を超えようと、職人の技術を守り、店の中心で客を迎えようとしている。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6

田中 拓海さん

小学生バレーボールチーム「横浜優和クラブジュニア」出身の初のVリーガー

田中 拓海さん

六ツ川在住 24歳

10月14日号

竹花 康太郎さん

10月9日から福島県で行われる「第55回全日本サーフィン選手権大会」に出場する

竹花 康太郎さん

永田東在住 35歳

10月7日号

北村 正(まさし)さん

9月16日付で南警察署の第81代署長に就任した

北村 正(まさし)さん

大岡在住 59歳

9月30日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務め、地域の歯科医療を支える

吉田 直人さん

六ツ川勤務 62歳

9月23日号

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

大岩戸さん(本名:上林義之)

元力士で相撲を通じた健康づくりなどの社会貢献活動に取り組む

大岩戸さん(本名:上林義之)

井土ヶ谷下町在住 40歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

  • あっとほーむデスク

    9月30日21:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ギターで話題曲挑戦

吉野町市民プラザ

ギターで話題曲挑戦

 講座受講者を募集

10月31日~11月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook